メインメニューを開く

四日市ジャンクション

日本の三重県四日市市にある東名阪自動車道と伊勢湾岸自動車道、新名神高速道路のジャンクション

四日市ジャンクション(よっかいちジャンクション)は、三重県四日市市にある東名阪自動車道伊勢湾岸自動車道および新名神高速道路ジャンクション (JCT)である。

四日市ジャンクション
 E1A新名神高速道路から四日市JCTを見る。奥に四日市港と伊勢湾を望む。
 E1A新名神高速道路から四日市JCTを見る。奥に四日市港伊勢湾を望む。
所属路線 E23 東名阪自動車道
IC番号 29-1
起点からの距離 23.3 km(名古屋西JCT起点)
桑名IC (3.4 km)
(2.5 km) 四日市東IC
所属路線 E1A 伊勢湾岸自動車道
IC番号 29-1
起点からの距離 56.4 km(豊田東JCT起点)
みえ朝日IC (2.2 km)
所属路線名 E1A 新名神高速道路
IC番号 29-1
起点からの距離 0.0 km(四日市JCT起点)
(4.4 km) 新四日市JCT
供用開始日 2003年3月21日
通行台数 x台/日
所在地 512-8064
三重県四日市市伊坂町
テンプレートを表示

目次

概要編集

E23東名阪自動車道とE1A伊勢湾岸自動車道・E1A新名神高速道路をつなぐハーフタービン型のジャンクションで、東京方面と名古屋大阪方面を結ぶ2ルートの高速道路が交差する。

将来は四日市JCTから亀山JCTまでは東名阪自動車道と新名神高速道路のダブルネットワークが形成されるが、亀山西JCTの一部ランプウェイが工事中であることから、新名神経由で名古屋方面と伊勢方面を直通することは当面不可能である。このため、NEXCO中日本は名古屋方面と伊勢方面の連絡は東名阪自動車道を利用するように周知している[1]。なお、亀山西JCTの工事完成の暁には新名神経由でも伊勢方面に直通できるが、この場合は東名阪自動車道経由と比べて走行距離が約8.5キロ長くなる[1]

ジャンクション造成地の一部は伊坂城の跡地にかかっていたことから、埋蔵文化財発掘調査の折りに調査団は日本道路公団に遺跡保護のために路線変更を求めた。しかし、都市計画決定後であったことから変更は困難として、伊坂城跡は記録保存となった[2]

歴史編集

 
新名神高速道路と東海環状自動車道を合わせて東員ICまで開通していた頃の四日市JCT。

接続する道路編集

編集

E23 東名阪自動車道
(29) 桑名IC - (29-1) 四日市JCT - (30) 四日市東IC
E1A 伊勢湾岸自動車道
(16) みえ朝日IC - (29-1) 四日市JCT
E1A 新名神高速道路
(29-1) 四日市JCT - (1) 新四日市JCT

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b “名古屋↔伊勢は東名阪で 新名神17日に開通の新区間 亀山西JCT接続道未完成”. 中日新聞朝刊: p. 28. (2019年3月14日) 
  2. ^ 三重県教育委員会 1998, p. 1.
  3. ^ “伊勢湾岸道 車250台通り初め 四日市 関係者ら開通祝う”. 中日新聞朝刊: p. 21. (2003年3月21日) 
  4. ^ 中日本高速道路(株)名古屋支社(2016-11号) 2016, p. 28.

参考文献編集

  • 中日本高速道路(株)名古屋支社(2016-11号)「紹介 新名神高速道路(四日市JCT~新四日市JCT)、東海環状自動車道(新四日市JCT~東員IC)の開通」『高速道路と自動車』第59巻第11号、公益財団法人高速道路調査会、2016年11月、 28-31頁。
  • 三重県教育委員会「近畿自動車道 名古屋神戸線(第二名神) 愛知県境~四日市JCT 埋蔵文化財発掘調査概報1」『埋蔵文化財発掘調査概報』、三重県埋蔵文化財センター、1998年3月、 1-17頁。

関連項目編集

外部リンク編集