四日市港ポートビル

四日市港ポートビル(よっかいちこうポートビル)は、四日市港霞ヶ浦南埠頭にある超高層ビルである。

四日市港ポートビル
正面入口側
正面入口側
施設情報
所在地 日本の旗 日本
三重県四日市市霞2丁目1番地1
座標 北緯34度59分36.0秒 東経136度39分27.2秒 / 北緯34.993333度 東経136.657556度 / 34.993333; 136.657556座標: 北緯34度59分36.0秒 東経136度39分27.2秒 / 北緯34.993333度 東経136.657556度 / 34.993333; 136.657556
状態 完成
竣工 1999年5月(21年前) (1999-05
開業 1999年8月4日(21年前) (1999-08-04[1]
地上高
高さ 100 m
各種諸元
階数 (事務所棟) 地下1階 地上14階
(立体駐車場棟)地上3階
敷地面積 16,134.15
建築面積 3,625.42
延床面積 20,153.18
構造形式 鉄骨構造(S造)
エレベーター数 (26人乗り)1基
(17人乗り)3基
駐車台数 乗用車76台
バス5台
関連企業
設計 石本建築事務所
施工 大成·東洋·久志本特定建設工事共同企業体
所有者 四日市港管理組合
テンプレートを表示

概要編集

四日市港管理組合や港湾関係企業のオフィスなどが入居している。

他にも来客用も設備設置されている。

12階には喫茶店カフェポート12』や応接室/オープンスペースがあり、14階には展望展示室『うみてらす14』(地上90m)があり、四日市港の港湾コンビナートが一望でき、夜景も楽しめる。

天候が良ければ、その他にも鈴鹿山脈養老山地をはじめとして、JRセントラルタワーズ名古屋駅駅ビル)や知多半島から、中央アルプス御嶽山までが望める[2]

建設編集

四日市港を管理する四日市港管理組合が、同港の開港100周年を記念して[2]、1999年(平成11年)8月5日に開館した[3][1]

地上14階であるが13階から14階までの間は18mの吹き抜け構造になっているのが特徴で、高さは地上100mの、三重県内で最も高い建築物である[2]

三重県ウェザーニューズライブカメラなどが設置されている。

受賞
三重県建築賞入選建築(2000年)
日本夜景遺産(施設型夜景遺産)(2015年7月)

近隣編集

駐車場を挟んだ南西側には、四日市港シドニー港の姉妹港提携20周年を記念して造られたシドニー港公園[注釈 1]四日市港ポートビル竣工に合わせて整備された霞港公園[注釈 2]があり、この2つの公園は歩道橋『SYSPAブリッジ[注釈 3]』で接続されている。

遠隔地から自動車で訪れる場合は、従来は東名阪自動車道四日市東ICから上海老茂福線(【旧】富田山城線)を東進するルートが最短距離であったが、2018年4月に四日市·いなばポートライン(霞4号幹線)が開通し、伊勢湾岸自動車道みえ川越ICからのアクセスが可能になった。

公共交通機関を用いる場合には、(鉄道JR関西本線 富田浜駅が最寄りである。

四日市港ポートビル
正面入り口前
霞港公園から
霞港公園シドニー港公園
中部国際空港(セントレア)方面を望む夜景
うみてらす14
建物とその周辺


四日市港ポートビルからの眺望(パノラマ写真)



脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 四日市港Sydney港の姉妹港提携20周年を記念して造られた
  2. ^ 四日市港ポートビル竣工に合わせて整備された
  3. ^ 道路を挟んで設置されている霞港公園シドニー港公園を接続する歩道橋

出典編集

  1. ^ a b 四日市港について【四日市港の歴史】”. 四日市港客船誘致協議会. 2019年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c “みなとトリビア (12) 四日市港ポートビル 空洞で高く風よけに”. 中日新聞 北勢版 朝刊 (中日新聞社): p. 20. (2015年9月1日) 
  3. ^ 曽田晋太郎 (2017年1月22日). “うみてらす14 入場70万人に 四日市港展示室”. 中日新聞 北勢版 朝刊 (中日新聞社): p. 20 


関連項目編集

外部リンク編集