メインメニューを開く

四海波太郎(しかいなみたろう、1883年1月1日-1933年12月4日[1])は、小野川部屋(大阪)出羽海部屋(東京)に所属した元力士。4代君ヶ濱。本名は佐渡太郎市。現在の兵庫県洲本市出身。171cm、90kg。最高位は大阪では東関脇、東京では東小結

目次

経歴編集

大阪相撲の小野川部屋に入門。1908年6月西昇の四股名で入幕[2]。1910年1月関脇に進み番付発表後に師名を継ぎ八陣と改名[2]。1912年1月東京に移り四海波の名で前頭5枚目格に付出され、1915年1月小結[2]。右四つからの寄りが得意で、横綱梅ヶ谷と3度引分になったことがある[2]。1917年1月に引退、4代君ヶ濱を襲名したが、1921年5月に廃業した。

成績編集

  • 幕内成績(大阪)6場所29勝9敗4分3預
  • 幕内成績(東京)11場所28勝52敗17休10分3預

改名編集

西昇→八陣→四海波 [3][4]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19120103.htm
  2. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p24
  3. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3625&l=j
  4. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709