メインメニューを開く

四畳半物語 娼婦しの』(よじょうはんものがたりしょうふしの)は、1966年の日本映画。主演:三田佳子、監督:成沢昌茂、製作:東映白黒映画R-18(旧成人映画)指定[2]。同年の京都市民映画祭で、三田は主演女優賞を受賞した[3]

四畳半物語 娼婦しの
監督 成沢昌茂
脚本 成沢昌茂
原作 永井荷風四畳半襖の下張
出演者 三田佳子
露口茂
田村高廣
野川由美子
木暮実千代
進藤英太郎
東野英治郎
音楽 杵屋花叟
撮影 鈴木重平
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1966年2月17日
上映時間 89分[1]、90分[2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

永井荷風作の小説及び春本四畳半襖の下張』の映画化で[2][4]、東映に文芸“女”路線を切り拓いた一作である[4]1965年の『ひも』が「夜の青春シリーズ[5][6]」としてシリーズ化されたが、このうちの5作品の脚本を書いていた成沢昌茂が監督を務めている[7][8]明治末期、売りに出された待合の荒れ果てた離れの四畳半を訪れた作者が、襖の下張りに使われた文ほごを読むという回想形式は原作の導入部と同じだが内容は少し異る[9]

ストーリー編集

待合「立花」の抱え娼婦しのは純情な売春婦。男に騙され、喰いものにされ、なお男との執着を断ち切れず、ひっそり生きる。しのは情夫・竜吉に「立花」に売られ、竜吉は車夫となってしのに客を運んだ。ある晩竜吉が連れてきた旗本崩れのスリ糺との初会に、しのは心惹かれ、竜吉に内緒で糺と逢瀬を繰りかえすようになる。 糺はしのの情愛にうたれ、スリを辞め印刷工として真面目に働き始めた。しかし糺は良家に養子に行くことになりしのに別れを切り出す。糺を愛し抜くしのは糺の幸せを喜ぶが、それを知った竜吉はしのを朝鮮に鞍替えさせようと画策する[4][9][10]

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

企画は東映京都撮影所所長の岡田茂[7]。1965年の『ひも』から始まる「夜の青春シリーズ」の製作過程で浮上した企画である[7]。本作に相当際どいセリフがあり、成沢昌茂に監督をやらせれば色っぽいものになるだろうと期待しての指名だったが、際どい内容にはならなかった[7]。成沢は「時代劇は着物を着ているので、なかなかそうはいかない。三田佳子は看板スターですからそう裸に剝くことは出来なくて」などと言い訳した[7]。当時はテレビの影響でアップに頼る演出が増えていたが、成沢は師匠の溝口健二[11][12]、忍ばせる長回しを多用し[9]、全篇でわずか39カットという大胆な構成を試みている[7][9]

映倫とタイトルで揉め[9]、この題名に変更された[9]

受賞・評価・公開編集

受賞編集

評価編集

春本に便乗した[9]」、「日本映画もここまで落ちた[9]」、と批評される一方、「意外に力作[9][11]」、「成人映画の割りには色気は少ないが佳作[9][11]」、と評されている。

公開編集

日本公開前日の1966年2月16日の『11PM』に三田佳子が出演し映画の宣伝を行った[9]。併映は『脅迫(おどし)』(主演:三國連太郎、監督:深作欣二)。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 四畳半物語 娼婦しの - 日本映画情報システム
  2. ^ a b c 四畳半物語 娼婦しの|一般社団法人日本映画製作者連盟
  3. ^ a b 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、644頁。
  4. ^ a b c 四畳半物語 娼婦しの/東映チャンネル
  5. ^ 夜の青春シリーズ |一般社団法人日本映画製作者連盟
  6. ^ ひも |一般社団法人日本映画製作者連盟
  7. ^ a b c d e f 桂千穂成沢昌茂」『にっぽん脚本家クロニクル』青人社、1996年、781-782頁。ISBN 4-88296-801-0
  8. ^ 日本映画紀行 花街のともしび|作品解説1/ラピュタ阿佐ケ谷
  9. ^ a b c d e f g h i j k 「日本映画批評」『キネマ旬報』1966年3月下旬号、 86-87頁。
  10. ^ 「日本映画紹介」『キネマ旬報』1966年3月上旬号、 189頁。
  11. ^ a b c 『日本映画テレビ監督全集』キネマ旬報社、1988年、287頁。
  12. ^ 『にっぽん脚本家クロニクル』、770頁

外部リンク編集