メインメニューを開く

四神将棋』(しじんしょうぎ)は、BSフジで2016年12月27日から[1]放送されている将棋対局のバラエティ番組[2]。あるいは番組内で行なわれている将棋の名称。

四神将棋
ジャンル バラエティ番組
出演者 小籔千豊
制作 BSフジ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年12月27日 - 2017年3月16日(不定期)
2017年10月6日 - 10月27日
2018年4月6日 - 4月20日
(毎週金曜日)
放送時間 23:00 - 23:55
公式サイト

目次

概要編集

 
四神将棋にて使用される将棋盤及び駒の初期配置

通常の将棋(本将棋)と異なり、4人同時に対局を行う将棋『四神将棋』で行う番組。従来の四人将棋では、縦横9マスずつの通常の将棋盤が使用されるが、この『四神将棋』では、変則的な十字型の15マスの特殊な将棋盤を用いる[3]

最後まで勝ち残った対局者には、「四神王」の称号が与えられる[1]

BSフジでの放送後、地上波フジテレビでも放送されることがある[4]

(後述のルールも参照)一応、指す順番(先手・後手)はあるが「四神 - 」であるため、1番手の「(東方の神)青龍」から時計回りに「(南)朱雀」「(西)白虎」「(北)玄武」と指し手が回っていく。 一例として、A・B・C・D(と付けるが、この場合A=青龍とは限らない)の内、Aが悪手を指したとしても、BがDに王手を掛けた場合はCの順番が飛ばされ、Dが王手を回避する手を指さなくてはならない。そのため、次の手番であるAは前に指した分をリカバリー出来る可能性が生じる。

(後述の備考も参照)マス目の数が通常の倍以上であることなどの理由により、プロでも駒の利きを錯覚する場合があり、プロとアマチュアが対戦しても面白い勝負になることが多い。特に2018年4月の放送回では、毎回に渡って即詰みを見逃す事象が発生している。

ルール編集

将棋盤および駒以外は四人将棋に近いルールが採用されている[1]。将棋のルールとは直接関係ないが、対局者はそれぞれ対局中に一度のみ「お助けカード」を利用して解説者からのアドバイスを受けることができる。

  • 盤は変則的な15マスの特殊な将棋盤を用いる[3]
    • 四隅の縦横3マスには進入不可(盤外という扱い)。
  • 最初にある1人分の駒は本将棋と同じ。
  • 手番は時計回りに移る。ただし、王手がかかった場合は、王手をかけられた人に手番が移る。
    • 一回の指し手で複数の相手に同時に王手をかけることが出来る。2人に同時に王手をかけることをダブル王手、3人に同時に王手をかけることをトリプル王手という。ダブル王手・トリプル王手の場合は、王手された対局者の中で指し手から時計回りに見て近い人から指す。
  • 3つの敵陣いずれでも成ることができる。
  • 自分の駒を動かすとき、移動先に他の人の駒があればその駒を捕獲し、自らの持ち駒にできる。持ち駒は自分の手番に、一つ盤上に置ける。
  • 将棋と同様、二歩打ち歩詰め行き所のない駒(例えば、歩を敵陣の最後列に打つこと)は禁止。
  • 2人が敗局する(残り2人になる)まで、詰みまで行く(投了しない)事が多いが、ルール上は問題無い。
  • 詰みになったら負けとなり、王将を裏返す。この王将は誰も動かせない障害物として盤上に残る。他の駒は、これを避けて動かなければならない。
    • 詰まされた対局者の盤上の駒はそのまま残るが、他の王はそれらの駒の利いているマスに動くことができる。また、他の対局者は取れば持ち駒にできる。
    • 詰まされた対局者の持ち駒は無効になる。
    • 詰みの手の後、詰ませた対局者が続けてもう一手指せる。(第7回から)

放送日程編集

放送日 対局者 司会 解説
大盤解説
備考
優勝
(四神王)
2位 3位 4位
1 2016年
12月27日[5][6]
内藤大助 くっきー
(野性爆弾)
森田正光 山口恵梨子 小籔千豊
根岸愛
中村太地
2 2017年
3月16日[4]
森田正光 板倉俊之
(インパルス)
つるの剛士 藤田綾 小籔千豊 山口恵梨子
飯野愛
女流プロの藤田が3人の集中砲火を浴び敗局。なお、つるのが自玉の「王手」を見逃す1手(玉以外の駒を移動させた結果、玉が相手の駒の利きにさらす手)を指すも「指し戻し」が許されて続行。
3 2017年
10月6日[7]
加藤歩
(ザブングル)
森田正光 森本レオ てつじ
(シャンプーハット)
小籔千豊
板倉俊之
香川愛生
室谷由紀 
加藤が「空気を読めなくて申し訳ない」と自覚しつつも優勝。
4 2017年
10月13日
室田伊緒 カロリーナ・
 ステチェンスカ
室谷由紀 香川愛生 小籔千豊
板倉俊之
遠山雄亮
石田直裕
第2回の藤田と同じく、4人の内でタイトル獲得など実績最上位の香川が3人の集中砲火を浴び真っ先に敗局。
5 2017年
10月20日
都成竜馬 門倉啓太 石田直裕 杉本和陽 てつじ
小籔千豊[8]
遠山雄亮
室田伊緒
この回は、全員がプロ棋士のため「お助けカード」は使用不可。
6 2017年
10月27日
山本博
(ロバート)
室谷由紀 香川愛生 板倉俊之 てつじ
小籔千豊[8]
遠山雄亮
カロリーナ・
 ステチェンスカ
序盤、攻勢だった板倉が自玉をトン死の筋に導く悪手壁銀)を指し早々と敗局。逆に、序盤 守勢に回っていた山本が初出場・初優勝。香川と室谷のライバル同士の潰し合い(お互いの指し手が、無条件で山本の駒得になる手など)で双方とも疲弊していった事も一因。
7 2018年
4月6日
長谷川優貴 カロリーナ・
 ステチェンスカ
里見咲紀 谷口由紀
(旧姓:室谷[9]
小籔千豊 遠山雄亮
藤森哲也
ルール変更が有り、新ルール「詰ました人が、もう1度手番になる」が加わった。カロリーナによる攻勢と、その回避により里見に駒を取られていく連携で早々と谷口が敗局。序盤、里見がかなりの駒得をするもカロリーナと長谷川の挟撃に会い敗局。長谷川が、カロリーナ玉の1手詰み[10]を見逃すミスもあったが、初出場・初優勝。
8 2018年
4月13日
寺内ゆうき
(ランパンプス)
板倉俊之 村上健志
(フルーツポンチ)
池田直人
(レインボー)
小籔千豊 遠山雄亮
カロリーナ・
 ステチェンスカ
メンバーの内、1番将棋歴が長い池田が最初に敗局。それに先立ち、3人から猛攻を受けていた村上が2番目に敗局。寺内が、板倉玉の即詰みを見逃すも別の手順で打ち取り優勝。
9 2018年
4月20日
増田康宏 上村亘 斎藤明日斗 藤森哲也[11] 小籔千豊 遠山雄亮
谷口由紀
第5回と同様、プロ棋士同士の対局。藤森が序盤は通常の穴熊囲いにし、最終盤では銀ではなく角での囲いにする[12]も最初に敗局。斎藤が銀冠型の美濃囲いを組むも玉が安全地帯に行けず、2番目に敗局。上村が多くの駒得をするも敗れ2位。増田が、序盤では何度も両取りを狙われるなど最も劣勢であり、上村の即詰み直後の(もう1度手番になり)斎藤の即詰み、の一連の流れを見逃すミスも有った[13]が優勝。

脚注編集

  1. ^ a b c るの剛士も困惑!?4人同時に対局する“四神将棋”に挑戦 | ザテレビジョン
  2. ^ また、同局にて放送時期・放送回ともに不定期で再放送もされている。
  3. ^ a b ウメちゃん【BSフジ公式】 2017年9月4日のツイート
  4. ^ a b 3/16「第2回四神将棋」がBSフジにて放送 2/25「第1回四神将棋」がフジテレビにて再放送に|将棋ニュース|日本将棋連盟
  5. ^ BSフジ12/27「四神将棋」前代未聞の四人指し新感覚将棋バトル!女流プロ棋士と将棋愛好芸能人が真剣勝負!!|将棋ニュース|日本将棋連盟
  6. ^ [四神将棋 (2017年2月26日放送回) ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)
  7. ^ [四神将棋 【前代未聞の四人指し新感覚将棋バトル!】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)
  8. ^ a b 裏番組(BS朝日「週末の本音タイム 金曜日くらい褒められたい」)に出演しているため、25分遅れて参加。
  9. ^ この回の収録および放送の直前に入籍した事により当回から改姓。
  10. ^ ただし、カロリーナ自身によるトン死の筋ではなく、長谷川の攻めによる受けの結果のため発生している。
  11. ^ 大盤解説での参加は有ったが、対局者としての参戦は初出場。
  12. ^ しかも、右翼での囲いのため本来は飛車の初期配置の箇所に角を置いた状態である。
  13. ^ 詰み手順は、上村が先(詰まされていれば3位)で斎藤が後(同2位)であり、実際の終局の順位が違うのは、このミスによるものである。

外部リンク編集