四禅(しぜん, Rupajhana)とは、初期仏教で説かれる禅定(ジャーナ)の4段階のこと。三界の内の色界に相当し、この言葉は、禅定の段階に応じてこの色界を4分割した四禅天の略称としても用いられる[1]。禅天の意味で用いる場合は、初禅天から三禅天まではそれぞれ三種のをとり、四禅天については外道天などを含む九種の天をとって合計で十八禅天あるとする。ただし、四禅天には諸説あって合計で十六禅天とすることもある。

初禅 paṭhama-jhāna (梵 prathamadhyāna)
諸欲・諸不善(すなわち欲界)を離れ、尋・伺(すなわち覚・観)を伴いながらも、離による喜・楽と共にある状態。
第二禅dutiya-jhāna (梵 dvitīyadhyāna)
尋・伺(すなわち覚・観)が止み、内清浄による喜・楽と共にある状態。
第三禅 tatiya-jhāna (梵 tṛtīyadhyāna)
喜を捨し、正念正見(すなわち念・慧)を得ながら、楽と共にある状態。
第四禅 catuttha-jhāna (梵 caturthadhyāna)
楽が止み、一切の受が捨てられた不苦不楽の状態。

段階編集

四禅 (Rūpajjhāna) [2][3][4]
四禅 初禅 第二禅 第三禅 第四禅
諸欲(Kāma) / 不善(Akusala)
(性欲・拙劣な資質)
隔れ、離脱する 起こらない 起こらない 起こらない
尋(Vitakka)
(認識対象把握)
ジャーナに従う 尋と伺から解放され
アウェアネスと一体化する
起こらない 起こらない
伺(Vicāra)
(認識対象維持)
喜(Pīti)
(喜悦)
静まり、体に浸透する サマーディが発生し
体に浸透する
消え去っている
(苦とともに)
起こらない
(Sukha)
(安楽)
物理的に体へと
浸透する
放棄されている
苦(ドゥッカ)も楽(スカ)もない
Upekkhāsatipārisuddhi
(純粋、マインドフルな不苦不楽)
起こらない 内面の安息を経て
精神が統一される
平静でマインドフル マインドフル
不苦不楽が達成される

位置付け編集

パーリ語経典長部『沙門果経』では、王に仏教の比丘沙門)の果報を問われた釈迦が、まず戒律の果報を説き、次にこの四禅の果報を説き、最後に六神通を説いたとされる[要出典]

パーリ語経典長部『大般涅槃経』では、釈迦の入滅の様子が、「初禅から滅想受まで、「九次第定」を段々と上がって行き、そこから初禅まで段々と下って行き、そこから再び四禅まで上がったところで入滅した」と描写されており、第四禅定をして涅槃とする根拠とされた。同経には釈迦が涅槃に入る前に座禅したとは説かれておらず、涅槃図は一般に右手を枕にして横になる姿勢で表わされる。

脚注編集

  1. ^ 四禅とは - 大辞林 三省堂/コトバンク
  2. ^ Bodhi, Bhikku (2005). In the Buddha's Words. Somerville: Wisdom Publications. pp. 296–8 (SN 28:1-9). ISBN 978-0-86171-491-9 
  3. ^ Suttantapiñake Aïguttaranikàyo § 5.1.3.8” (Pali). MettaNet-Lanka. 2007年6月6日閲覧。
  4. ^ Bhikku, Thanissaro (1997年). “Samadhanga Sutta: The Factors of Concentration (AN 5.28)”. Access to Insight. 2007年6月6日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集