メインメニューを開く

四角いジャングル』(しかくいジャングル)は梶原一騎原作、中城健絵の少年漫画講談社週刊少年マガジン』に1978年第17号から1981年13号に連載されていた。

概要編集

元々は、空手家であった主人公の『赤星潮』が行方不明の兄を追ってアメリカに渡り、そこで出会ったマーシャルアーツの強さを目撃し、兄を倒したベニー・ユキーデを打倒する事を目指した、フィクションとノンフィクョンを織り交ぜた格闘技漫画だったが、途中から主人公であるはずの赤星潮の存在はほとんど無くなり、マーシャルアーツのみならず、大山倍達率いる極真空手や、アントニオ猪木率いる新日本プロレスや、黒崎健時率いる新格闘術が絡んだ、現実と虚構が入り混じったドキュメンタリー風の作品に変更される。ちなみに、時間軸的には『空手バカ一代』の最終話からそのまま続いているような形になるため、作画や主人公が変わった続編とも取れる。

なお、主人公である赤星潮は架空の人物だが、この作品とタイアップして同名のリングネームを付けた選手が、実際にキックボクシングのリングに上がり試合を行っている。

映画編集

1978年から1980年にかけて、この漫画を原作にしたドキュメンタリー映画が3本製作されている。いずれもアントニオ猪木主演。

『四角いジャングル 格闘技世界一』(1978年上映)
格闘技世界一決定戦「アントニオ猪木対モハメッド・アリ」の試合の模様を映像で再現したり、藤原敏男による空手実演などを入れた記録映画。
『四角いジャングル・激突!格闘技』(1979年上映)、『四角いジャングル・格闘技オリンピック』(1980年上映)
こちらは原作を忠実に再現した実演が中心の記録映画。後者は予備校生・森田茂(演者名不明)が「腕っぷし日本一コンテスト」に出場するというストーリースタイルである。

備考編集

  • 小林よしのり著『ゴー宣・暫』1巻【序幕・第三場】「「絵解き」と情念の表現について」のなかで著者自身が『ゴー宣』のスタイルの原型となる漫画として梶原一騎の『四角いジャングル』を挙げており、「この漫画は実在するプロレスラーや格闘家を登場させながら、作家自身がプロモーターの役割まで果たしてアントニオ猪木と、極真空手出身のウィリー・ウィリアムスの異種格闘技戦を実現させてしまった。『四角いジャングル』は、漫画の世界と現実の格闘技界の動きがリンクしていて、その虚実の危うい皮膜を洞察するスリルに、読者は胸をときめかせたものだ。多くの読者がこの漫画の影響で格闘技に興味を持つようになった。」と評している。

新☆四角いジャングル編集

梶原の実弟真樹日佐夫原作・峰岸とおる作画。『劇画マッドマックス』(コアマガジン)にて連載中。

真樹指揮のもと2010年にVシネマ[1]

出演編集

スタッフ編集

  • 製作:「新☆四角いジャングル」製作委員会
  • 営業統括:山田浩貴(GPミュージアムソフト)
  • 脚本:真樹日佐夫
  • 企画:山本ほうゆう
  • 原作:作・真樹日佐夫、画・峰岸とおる『新☆四角いジャングル』
  • プロデューサー:渋谷正一、山本芳久
  • 撮影:大月栄治
  • 照明:金田晃
  • 録音:川島孝夫
  • 編集:小川幸一
  • 選曲効果:藤本淳
  • 美術:中谷暢宏
  • 助監督・AP:山鹿孝起
  • 監督:山本芳久
  • 制作協力:アスプロスドラーゴ
  • 制作:メディアワークス
  • 発売元:「新☆四角いジャングル」製作委員会
  • 販売元:GPミュージアムソフト

脚注編集