四辻 与津子(よつつじ よつこ、生年不詳[1] - 寛永15年12月6日[2]1639年1月9日))は、江戸時代初期の女性。後水尾天皇典侍。父は正二位大納言四辻公遠女房名、出仕名は御よつ御寮人、大納言典侍、また一位局。院号は明鏡院。姉に上杉景勝側室定勝生母)桂岩院

はじめ新上東門院に仕え綾小路と称したが、元和4年(1618年)ごろに後水尾天皇に出仕し典侍となり、賀茂宮(夭逝)、文智女王(梅宮)の1男1女を生む。

東福門院徳川和子が後水尾天皇の中宮として入内するに当たり、幕府から圧力を受けて天皇から遠ざけられ内裏より追放され(およつ御寮人事件)、程なく落飾して明鏡院と称し嵯峨に隠棲したといわれる。墓所は四辻家菩提寺京都興聖寺[3]および円照寺。法号は明鏡院殿一物素有無大姉[要出典]。甥の上杉定勝は、志駄義繁(志駄義秀嫡男)を使者として、高野山清浄心院で追福供養を行っている[4]

脚注編集

  1. ^ 『真敬法親王日記』(陽明文庫貞享3年8月5日条では与津子は50歳で逝去と書かれており、当該記事が正しければ、生年は天正17年(1589年)となる。また当該条によれば、与津子の母は武家の出身だったという。
  2. ^ 『定勝公御年譜』では寛永15年11月6日死去とされている。高野山清浄心院蔵「越後国供養帳 第二」(収録『上越市史研究』第9号、2004年)においても、寛永15年11月28日に供養した記録がある。
  3. ^ 末永雅雄、西堀一三共著『文智女王』に拠る。実際の四辻家菩提寺は京都鞍馬口上善寺。
  4. ^ 「越後国供養帳 第二」、『定勝公御年譜』

参考文献編集