四部分類(しぶぶんるい)は、前近代中国漢籍目録図書目録)を作成するために発明された、図書分類法の一種である。書物を経・史・子・集の四部に分類する。四庫分類(しこぶんるい)、経史子集(けいしししゅう)ともいう。

歴史編集

四部分類が発明される前の分類法としては、紀元前6年前漢哀帝の命令で劉歆が編纂した『七略』による分類法がある。七略とは、六芸略・諸子略・詩賦略・兵書略・術数略・方技略・輯略の七部分類法(実際には、輯略は総記に相当するので、六部分類法)のことである。

3世紀には、西晋武帝の命令で、荀勗が『中経新簿』を編纂し、その際に甲・乙・丙・丁の四部の分類法を最初に適用した。

その後、7世紀、初の『隋書』「経籍志」により、経・史・子・集の四部分類法が完成した。

四部分類の代表例として、乾隆帝の命令によって編纂された一大叢書である『四庫全書』による四部分類がある。

近代以降、四部分類は用いられなくなるが、中国学を扱う大学研究所図書館研究室では、漢籍を配架するための国際標準的な分類法として踏襲されている。

四部の構成編集

  1. 経部(けいぶ)- 儒教および注釈等。訓詁学の辞書も含む。[1]
  2. 史部(しぶ)- 地理 等。[2]
  3. 子部(しぶ、こぶ)- 百家とその後継者(道教農書兵法書)を始めとして、仏教医学数学暦学術数学等の科学技術美術類書譜録(骨董品やゲーム、動植物の専門百科事典[3])など多岐にわたる。[4][5]
  4. 集部(しゅうぶ)- 小説などの文学作品と文芸評論[6]

現代では、さらに叢書部を加えて五部分類とすることもある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^   中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Category:经部
  2. ^   中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Category:史部
  3. ^ 大木康「第九章 玩物の世界」『中国人はつらいよ その悲惨と悦楽』PHP新書、2015年。ISBN 978-4569823461
  4. ^   中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Category:子部
  5. ^ 金 1998.
  6. ^   中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Category:集部

参考文献編集

外部リンク編集