回帰

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

回帰(かいき)とは一般にはもとの位置または状態に戻ること、あるいはそれを繰り返すこと。これに関係する概念として次のものがある。

天文学編集

en:Return天体公転などにより(または地球からの見かけ上)もとの位置に戻り、その運動を繰り返すこと。

  1. 彗星の回帰については彗星
  2. 太陽の回帰については回帰線(英語Tropic)および回帰年(英語Tropical year)

を参照。

統計学編集

en:Regression)2つの意味で用いられる。単に回帰と言った場合は2番をさす。

  1. 平均への回帰:2つの関係のある変数を測定したとき、2番目の変数の期待値が1番目の変数の測定値よりも全体の平均値に近づく現象。
  2. 回帰分析連続尺度の従属変数(目的変数)と独立変数(説明変数)の間にモデルを当てはめること。1とは密接な関係にあるが別の概念。

物理学編集

en:Recurrence)元と同じ状態に戻ることが可能な性質。

数学編集

哲学編集

永劫回帰(ドイツ語Ewig wiederkehren):フリードリヒ・ニーチェの思想。

生物編集

サケなどの母川回帰については「渡り」を参照。

その他編集

イギリスのロックバンドスペースメン3が1991年に発表したアルバム、『回帰』(原題Recurring)。

関連項目編集