メインメニューを開く
国道2号標識
国道29号標識
国道179号標識
国道373号標識
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
兵庫県道724号標識
平福宿・瓜生原家
大原宿・脇本陣
智頭宿・智頭往来に面して建つ石谷家住宅

因幡街道(いなばかいどう)は、江戸時代に整備された脇街道の一つで、播磨国姫路兵庫県姫路市)を始点として、因幡国鳥取鳥取県鳥取市)に至る路線である。

現在の国道2号国道29号国道179号国道373号兵庫県道724号姫路新宮線にほぼ対応している。

目次

宿場編集

  • 姫路(兵庫県姫路市)
  1. 飾西宿(兵庫県姫路市)
  2. 觜崎宿(兵庫県たつの市
  3. 千本宿(兵庫県たつの市)
  4. 三日月宿(兵庫県佐用郡佐用町
  5. 平福宿(兵庫県佐用郡佐用町)
  6. 大原宿岡山県美作市
  7. 坂根宿(岡山県美作市)
  8. 駒帰宿(鳥取県八頭郡智頭町
  9. 智頭宿(鳥取県八頭郡智頭町)
  10. 用瀬宿(鳥取県鳥取市)
  11. 河原宿(鳥取県鳥取市)
  • 鳥取(鳥取県鳥取市)

智頭往来ルート編集

智頭往来とは、志戸坂峠を越えるルート(現在の国道373号線にほぼ相当)は、江戸時代には鳥取藩参勤交代に用いられた。智頭宿周辺や篠坂地区、中原地区、樽見(大字福原)地区、駒帰地区は往時の面影を残しており、中原、樽見、駒帰地区の約2.5キロメートルは2008年、国の史跡「智頭往来 志戸坂峠越」に指定[1]された。

若桜往来ルート編集

若桜往来とは、戸倉峠を越えるルートで八東往来とも呼ばれ、現在では、旧街道沿いの幹線道路が国道29号として整備され若桜街道と呼ばれている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 文化遺産データベース「智頭往来 志戸坂峠越」”. 文化庁. 2015年12月6日閲覧。

外部リンク編集