メインメニューを開く

固山一鞏(こざん いっきょう)は、鎌倉時代から南北朝時代臨済宗

固山一鞏
弘安7年9月 - 延文5年/正平15年2月12日
1284年9月 - 1360年2月29日
無中[1]
生地 肥前佐賀郡[1]
宗旨 臨済宗
蔵山順空無為昭元南山士雲
弟子 鐘谷利聞無塵至清季宗初興林叟智門一祚天佑一聞[2]

経歴・人物編集

はじめ肥前高城寺の蔵山順空に師事する。博多にて元僧の西澗子曇より無中の号を受ける[1]京都無為昭元南山士雲らに学ぶ[1]。京都東福寺にうつった順空の法を嗣ぎ、東福寺、天竜寺の住持を歴任した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『固山一鞏』 - コトバンク
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年1月28日閲覧。