国分駅 (香川県)

日本の香川県高松市にある四国旅客鉄道の駅

国分駅(こくぶえき)は、香川県高松市国分寺町国分にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。

国分駅
Kokubu Station (Kagawa).JPG
駅舎
こくぶ
Kokubu
Y03 端岡 (2.4km)
(2.3km) 讃岐府中 Y05
香川県高松市国分寺町国分1040-3
駅番号 Y04
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
瀬戸大橋線含む)
キロ程 11.9km(高松起点)
電報略号 コク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
376人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1897年明治30年)2月21日
備考 無人駅
テンプレートを表示

国分駅配線図
2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf
端岡方より 駅構内

宇多津駅から分岐する本四備讃線へ直通する列車も早朝・夜間に限り停車し、この系統には「瀬戸大橋線」の愛称がつけられている。

駅番号Y04で、駅表示パネルのコメントは「サヌカイトと盆栽の駅」となっている。

沿革編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅。以前は高松方に歩行者専用の踏切(警報機・遮断機なし)があったが、ホームが寄せられたため撤去された。当駅の坂出寄りは大きくカーブしており、上り列車からの見通しは極めて悪い。実際、この踏切では1983年1月に小学生が上り急行列車にはねられ死亡する事故が発生している。

かつては有人駅であったが、現在は駅本屋内と坂出方面のりばに近距離きっぷ用券売機が設置されているのみである。

のりば編集

(駅舎側から)

のりば 路線 方向 行先 備考
1 予讃線 上り 高松方面  
2 予讃線 下り 多度津観音寺琴平方面 瀬戸大橋線岡山方面を含む

駅周辺編集

当駅から少し西へ行くと坂出市に入る。

利用状況編集

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 368
2009 356
2010 339
2011 346
2012 344
2013 369
2014 376

隣の駅編集

四国旅客鉄道(JR四国)
予讃線(瀬戸大橋線含む)
快速「マリンライナー」(早朝・深夜以外)・快速「サンポート」(朝の上り・夕方の上り1本以外)
通過
快速「マリンライナー」(早朝・深夜のみ)・快速「サンポート」(朝の上り・夕方の上り1本)
端岡駅 (Y03) - 国分駅 (Y04) - 鴨川駅 (Y06)
普通
端岡駅 (Y03) - 国分駅 (Y04) - 讃岐府中駅 (Y05)

関連項目編集

外部リンク編集