国史学会(こくしがっかい、英語: The Society of Japanese Historical Research)は、1909年に設立された、歴史学に関する団体。団体名には「学会」とあるが、日本学術会議協力学術研究団体の学会ではない。また、日本学術会議などによる「学会名鑑」にも登録されていない[1]。加えて、日本歴史学協会にも加盟していない[2]

沿革・概要編集

1909年三上参次東京帝国大学教授を初代会長として発足[3]1929年に機関誌『国史学』(英題: The Journal of Japanese HistoryISSN 0386-9156)を創刊した[3]。現在は年に3回刊行している[3][4]。事務局は國學院大學内に置かれている[3][5]。現会長は鈴木靖民國學院大學教授[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 学会名鑑”. 2016年12月26日閲覧。
  2. ^ 加盟学会”. 日本歴史学協会. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c d 国史学会について」国史学会、2012年4月30日。2014年11月7日閲覧。
  4. ^ 『国史学』最新号目次」国史学会、2012年4月30日。2014年11月7日閲覧。
  5. ^ 会則」国史学会、2012年4月30日。2014年11月7日閲覧。
  6. ^ 会長挨拶」国史学会、2012年4月30日。2014年11月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集