メインメニューを開く

国営越後丘陵公園(こくえいえちごきゅうりょうこうえん)は、新潟県長岡市にある国営公園

国営越後丘陵公園
Echigo Hillside National Government Park
Echigo Hillside Park 08.jpg
国営越後丘陵公園 チューリップまつり
分類 国営公園
所在地
面積 約400ha
開園 1998年7月30日
運営者 H28-31 国営越後丘陵公園運営維持管理業務公園財団・グリーン産業・JR東日本コンサルタンツ共同体[1]
年来園者数 550,179人(2015年度)[2]
現況 開園面積298.4ha
設備・遊具 木製遊具・水遊具など
駐車場 合計1751台
バリアフリー 車椅子貸し出し・スロープエレベーター
アクセス

バスで「越後丘陵公園」

または「陽光台4丁目」下車
事務所 国営越後丘陵公園事務所
事務所所在地 新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950番1
備考 現在整備中
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

概要編集

 
国営越後丘陵公園 入口
 
花のプロムナード

国営事業の長岡ニュータウンの開発で大規模に開かれた山であったが、交通が不便であったことやバブル崩壊などによりニュータウンが売れず、大部分が残った。そのため救済策としてニュータウンにするための土地の一部を国が都市公園として開発した、北陸地方では唯一の国営公園である。

1989年より事業着手、1998年7月30日に29haを開園[3]したのを皮切りに、以降順次面積を拡大しており、2019年5月現在は338.4ha[4]しか開園していないが、それでも莫大な面積を持つ。完成時には399haと本州日本海側最大規模となる予定である。公園内には大きな芝生スペースや、「花と緑の館」「暖の館」(両施設ともにレストランあり)旧新潟税関の建物をモチーフにした休憩施設、斜行エレベーターのある展望台、香りをテーマとしたばら園などを持つ。

降雪季は1周1kmと2kmのクロスカントリーコースが設営され、用具の無料貸し出しも行われる。

毎年夏季と冬季の2回にわたり、「サマーナイトプレゼンツ」と「ウィンターイルミネーション」と呼ばれる園内をイルミネーションで彩るイベントが開催される。

国土交通省北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所が整備、越後公園管理センターが管理を行う。

沿革編集

計画当時、国営公園は各地方建設局管内に1つずつ建設されることになっていたが、北陸地方建設局(当時)管内での建設地選定にあたっては、新潟県のほか石川県が誘致に名乗りを上げていた[5][6]

施設編集

 
木製遊具
 
越の池 水遊び広場
 
フォリーの丘
 
レストラン
 
ローズカフェ
  • 健康ゾーン[11]
    • 緑の千畳敷
    • 花と緑の館
    • 暖の館
    • 木製遊具
    • 越の池
      • 音楽噴水、水遊び広場
    • 花の丘
    • 香りのばら園
    • フォリーの丘
      • フォリーの丘の場所にはかつて片刈城(想定築城年:1394年〜1428年頃)があった[12]
    • 野外炊飯広場
    • 売店・レストラン
    • ローズカフェ
    • 第1駐車場
    • 第2駐車場
  • 里山フィールドミュージアム[11]
    • 里山体験工房かたくり
    • 里山交流館えちごにあん
    • いやしの森
    • 花の森

など

イベント編集

編集

 
チューリップまつり
  • チューリップまつり[11]
  • リレーマラソン[13]
  • かたくり百万株まつり[14]

編集

  • サマーナイトプレゼンツ[11]
    • 期間中には、約40万球の発光ダイオードが彩るイルミネーションも設置される[15]

編集

  • コスモスまつり[11]

編集

  • ウインターイルミネーション[11]

事務所所在地編集

  • 新潟県長岡市宮本東方町三ツ又1950-1
  • 越後公園管理センター

アクセス編集

自動車
公共交通機関

 「越後丘陵公園」(12月1日~翌年3月31日は「陽光台4丁目」)下車

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」に基づく「H28-31 国営越後丘陵公園運営維持管理業務民間競争入札」に係る落札者の決定について”. 北陸地方整備局. 2016年4月9日閲覧。
  2. ^ 平成27年度 年間入園者数「過去最高」!! 北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所 平成28年4月15日
  3. ^ a b c d e f 事業概要 あゆみ”. 国土交通省北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所. 2015年7月13日閲覧。
  4. ^ 事業概要:国営公園について - 北陸地方整備局 国営越後丘陵公園事務所.2019年5月14日閲覧。
  5. ^ ながおか市政だより No.396 1987年8月 p.4 国営公園の候補地に長岡市。 - 長岡市
  6. ^ ながおか市政だより No.397 1987年9月 pp.2-3 国営公園 事業化に向けて63年度ニュータウンを調査 - 長岡市
  7. ^ ながおか市政だより No.447 1991年11月 pp.4-5 建設工事がスタート! 国営越後丘陵公園 - 長岡市
  8. ^ ながおか市政だより No.527 1998年7月 pp.1-3 国営越後丘陵公園 健康ゾーン7/30オープン! - 長岡市
  9. ^ “国営越後丘陵公園 開園からの累計入園者数600万人達成” (プレスリリース), 国営越後丘陵公園 越後公園管理センター, (2014年8月14日), http://echigo-park.jp/news/493.html 
  10. ^ 「越の里山館」の開館記念式典を開催します 北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所 平成26年12月27日
  11. ^ a b c d e f 国営越後丘陵公園 ガイドマップ”. 国土交通省北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所. 2017年7月11日閲覧。
  12. ^ エリアガイド:片刈城址 - 国営越後丘陵公園
  13. ^ 第8回国営越後丘陵公園リレーマラソン結果報告”. 国土交通省北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所. 2015年5月27日閲覧。
  14. ^ 里山の斜面に広がる薄紫色 長岡 かたくり百万株まつり[リンク切れ] 新潟日報モア 2015年4月20日
  15. ^ 里山の輝く“光の海” 来園者を魅了長岡でイルミネーション[リンク切れ] 新潟日報モア 2015年8月19日
  16. ^ 路線バス:長岡地区時刻表 - 越後交通.2019年5月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集