メインメニューを開く

国境警備部隊(こっきょうけいびぶたい、ドイツ語Grenzschutzabteilung、略称:GSA)は、ドイツ連邦国境警備隊における部隊編制単位。約600人の規模で構成され、ドイツ連邦軍大隊に相当した。1990年に連邦国境警備隊は解隊され、いくつかの国境警備部隊は国境警備群に集約された。警官中隊(Hundertschaften、百人隊)は部隊の隷下におかれていた。

国境警備部隊には次のような部隊があった。訓練国境警備部隊(GSA A)、訓練・出動国境警備部隊(GSA A/E)、建設国境警備部隊(GSA B)が1950年代に編成された。1975年から同じ省略形に属するボン国境警備部隊と技術国境警備部隊(GSA T)が編成されている。