メインメニューを開く

概要編集

大学全体編集

  • 学校法人国士舘により1953年に設置された日本私立短期大学。最大3学科を擁していたが、順次国士舘大学の学部に改組され、近年は国文科のみとなった。当初は男子学生の方が割合として多いものとなっていたが、時代の流れとともに変化し、近年では女子学生の方が圧倒的に多いものとなっていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

教育および研究編集

  • 国文学に関する専門教育が行われていた。かつては、経済学や体育学の各専門教育も行われていた。

学風および特色編集

  • 大学にも類似した学科が設置されていた。

沿革編集

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都町田市広袴1-1-1

象徴編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 国文科
  • 経済科第二部[1][5]:のちの、国士舘大学政経学部二部。
  • 体育科[2]:修業年限は昼間部3年制で、国士舘大学体育学部の母体となっている[6]

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格
教職課程

学生生活編集

学園祭編集

  • 国士舘短期大学の学園祭は「鶴川祭」と呼ばれていた。詳細は国士舘大学を参照。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 国士舘大学鶴川キャンパス内に短大が設置されていた。但し、短大独自の校舎はなく全て大学と共同使用となっていた。

編集

  • 国士舘短期大学には「すみれ寮」と呼ばれる学生寮があった。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 募集は1964年度まで。
  2. ^ a b 募集は1957年度まで。
  3. ^ 国文科のみ
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』264頁より。
  5. ^ 昭和40年度版『総覧』26頁の記載から1964年度の学生数は446(うち女子8)、昭和41年『総覧』29頁の記載から廃止寸前の1965年度では171(うち女子3)であることが確認できる。
  6. ^ 昭和34年度版『総覧』20頁の記述から、体育科に男子3人在籍していたことが確認できる。
  7. ^ 国文科2000年度入学生まで
  8. ^ a b 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)55頁より。
  9. ^ 日本私立短期大学協会発行『日本の私立短期大学』(1980年)90頁より。
  10. ^ 2000年度用入学案内冊子より。
  11. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)440ページより一部抜粋。
  12. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目編集

外部リンク編集