メインメニューを開く

イギリス政府において国家公務員担当大臣(こっかこうむいんたんとうだいじん、英語: Minister for the Civil Service)は、国家公務員英語版に関する規定の制定を担当し[1]イギリス政府の政策の立案・施行を補佐する閣僚。首相が常に兼任する[2]

国家公務員担当大臣
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
Yukiya Amano with Boris Johnson in London - 2018 (41099455635) (cropped).jpg
現職者
ボリス・ジョンソン

就任日 2019年7月24日
呼称 閣下
任命 エリザベス2世
任期 No statutory limit
初代 ハロルド・ウィルソン
創設 1968年11月1日
ウェブサイト The Civil Service

大蔵省から国家公務員の給与・人事が新設の国家公務員省に移管された1968年11月1日に新設され、ハロルド・ウィルソンのために創設された[3]。これは第一大蔵卿(首相が兼任) の国家公務員に関する権限が引き続き保持されることを明確にするために、首相が省のトップを兼ねるようにしたものである[4]

発足当初より、常に首相兼第一大蔵卿と兼務とされてきた。即ち1968年以降の歴代大臣は歴代首相と同一である。

1992年国家公務員法の規定により、大臣は他の大臣やスコットランド政府英語版などに職務を委譲することができる[5]ゴードン・ブラウン首相はトム・ワトソン英語版を「電子政府・国家公務員担当大臣」に任命している[6]

脚註編集

  1. ^ Civil Service Order in Council 1995 Archived 2008年5月17日, at the Wayback Machine. Published by the UK Civil Service Commissioners
  2. ^ Her Majesty’s Government Archived 2009年6月10日, at the Wayback Machine. The Prime Minister’s Office
  3. ^ Terence Daintith, Alan C. Page (1999-01-01), The executive in the constitution: structure, autonomy, and internal control, ISBN 9780198268703, https://books.google.com/books?id=ZW51XHbobB4C&pg=PA67 
  4. ^ David Wood, "Ministers in merger dilemma", The Times, 17 October 1968, p. 1.
  5. ^ Colin Pilkington (1999), The Civil Service in Britain today, ISBN 9780719052248, https://books.google.com/books?id=0z4Rk3d7fZcC&pg=PA153 
  6. ^ Cabinet Office, オリジナルの2008年12月30日時点によるアーカイブ。, http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20081230021950/http%3A//www.cabinetoffice.gov.uk/media/109162/co_org_chart_081215.pdf