メインメニューを開く

国家安全会議(こっかあんぜんかいぎ、國家安全會議)は、中華民国台湾)の安全保障政策を決定する総統府直轄の機関。総統の側近中の側近が就くポストとされる。

概要編集

1966年の動員戡乱時期臨時条款の改正に伴い[1]、翌1967年に「動員戡乱時期国家安全会議」として発足。1992年の中華民国憲法の改正(増修条文第9条第1項)により、1993年末に設置された。同時に設置された下部機関の国家安全局(National Security Bureau, R.O.C.)は、安全保障に関する情報収集や政策作成を行うことを任務とし、国防部軍事情報局、憲兵隊行政院海岸巡防署、内政部警政署、法務部調査局などと連携している。

国家安全会議議長(主席)は中華民国総統が務める。他の会議メンバーは、副総統、行政院長、副院長、内政部長外交部長国防部長財政部長経済部長大陸委員会主任、参謀総長、国家安全会議秘書長、国家安全局長である。

国家安全会議秘書長は、総統府秘書長と並んで総統の側近と位置づけられる。その下に、副秘書長と諮問委員(諮詢委員)が任命される。

現在の秘書長は李大維元外交部長。

歴代秘書長編集

  1. 黄少谷(1967年2月1日-1979年6月20日)
  2. 沈昌煥(1979年6月20日-1984年5月28日)
  3. 汪道淵(1984年5月28日-1986年6月18日)
  4. 蒋緯国(1986年6月 - 1993年2月)
  5. 施啓揚(1993年3月2日-1994年9月1日)
  6. 丁懋時(1994年9月 - 1999年12月)
  7. 殷宗文(1999年12月 - 2000年5月)
  8. 荘銘耀(2000年5月 - 2001年8月)
  9. 丁渝洲(2001年8月 - 2002年3月)
  10. 邱義仁(2002年3月 - 2003年2月)
  11. 康寧祥(2003年2月 - 2004年5月)
  12. 邱義仁(2004年5月 - 2007年2月)
  13. 陳唐山(2007年2月 - 2008年3月)
  14. 陳忠信(2008年3月 - 2008年5月)(代理)
  15. 蘇起(2008年5月 - 2010年2月)
  16. 胡為真(2010年2月23日 - 2012年9月25日)
  17. 袁健生(2012年9月26日-2014年3月24日)
  18. 金溥聡:(2014年3月25日-2015年2月12日)
  19. 高華柱:(2015年2月12日[2]-2016年5月20日)
  20. 呉釗燮:(2016年5月20日[3]-2017年5月21日)
  21. 厳徳発:(2017年5月22日-2018年2月26日)
  22. 李大維 : (2018年2月26日 ー現任)

脚注編集

  1. ^ 第4条 動員戡乱時期において、総統に動員戡乱機構の設置を認め、動員戡乱の方針決定と戦地の政務処理を委任する。(四、動員戡亂時期本憲政體制授權總統得設置動員戡亂機構,決定動員戡亂有關大政方針,並處理戰地政務。)
  2. ^ 曾永権氏が総統府秘書長、高華柱氏が国家安全会議秘書長へ
  3. ^ 2016年4月第3週TOPICS

関連項目編集

外部リンク編集