国持衆(くにもちしゅう)は、室町幕府における役職的な身分の一つ。いわゆる国持の守護大名の事。三職家御相伴衆の一族をはじめ、有力大名が列し、室町幕府内では御相伴衆に次ぐ格式にあった。室町幕府においてはこの三職・御相伴衆・国持衆、准国持衆に列した家々を「大名」と称した。

国持衆に列した主な大名家編集

国持衆に列した主な大名家は以下の通り。この他、三職家や御相伴衆の子息が列する事があった。

斯波氏(大野家)
加賀越前大野郡の守護。
細川氏(上和泉家)
和泉の守護。
細川氏(下和泉家)
和泉の守護。
山名氏(伯耆家)
伯耆の守護。
山名氏(石見家)
石見の守護。
土岐氏(西池田家)
美濃の守護。侍所所司。
武田氏(豆州家)
若狭丹後安芸佐東郡の守護。
今川氏
駿河の守護。
六角氏
近江の守護。
冨樫氏
加賀の守護。

准国持衆編集

外様衆の中でも国持衆に准ずる格式に列した大名。

細川氏(奥州家)
細川顕氏の系統。
京極氏(加州家)
京極高数の系統か。

国持衆並編集

御供衆の中でも国持衆並とされた家々。

細川氏(淡路家)
淡路の守護。
細川氏(備中家)
備中の守護。
細川氏(典厩家)
摂津中島郡の守護。
山名氏(因幡家)
因幡の守護。

参考文献編集

  • 二木謙一『中世武家の作法』吉川弘文館 1999年

関連項目編集