メインメニューを開く

国東町(くにさきまち)は、大分県東国東郡にあった

くにさきまち
国東町
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
国見町国東町武蔵町安岐町国東市
現在の自治体 国東市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
東国東郡
団体コード 44323-9
面積 112.28km2
(境界未定部分あり)
総人口 13,031
国勢調査、2005年)
隣接自治体 国見町、武蔵町、安岐町
町の木 クスノキ
町の花 ツバキ
町の鳥 ウズラ
国東町役場
所在地 873-0502
大分県東国東郡国東町田深280番2号
外部リンク 国東町
座標 (町役場)東経131度40分
北緯33度33分
 表示 ウィキプロジェクト

2006年3月31日に他の東国東郡各町(姫島村は除く)と合併し、国東市となり消滅した。

目次

地理編集

国東半島の東部に位置する。海岸に近い地域に集落が点在している。

歴史編集

  • 1889年4月1日 - 町村制実施により、川原村、北江村、田深村、安国寺村、鶴川村の区域をもって国崎村が発足。
  • 1894年11月8日 - 国崎村が町制施行。国東町となる。
  • 1897年3月9日 - 富来村が町制施行。富来町となる。
  • 1901年4月1日 - 国東町と小原村が対等合併し、新町制による国東町となる。同時に豊崎村の一部を編入。
  • 1921年4月1日 - 来浦村が町制施行。来浦町となる。
  • 1954年3月31日 - 国東町・上国崎村・豊崎村・富来町・来浦町が対等合併し、新町制による国東町となる。同時に旭日村の一部を編入。
  • 2006年3月31日 - 国見町・武蔵町・安岐町が合併し国東市となる。

地域編集

教育編集

高等学校編集

  • 大分県立国東高等学校
  • 大分県立国東農業高等学校

中学校編集

  • 国東町立国東中学校
  • 国東町立来浦中学校
  • 国東町立富来中学校
  • 国東町立城崎中学校

小学校編集

  • 国東町立国東小学校
  • 国東町立来浦小学校
  • 国東町立富来小学校
  • 国東町立大恩小学校
  • 国東町立上国崎小学校
  • 国東町立豊崎小学校
  • 国東町立小原小学校
  • 国東町立旭日小学校

電気編集

当初は町営事業として1911年(明治44年)7月に許可を受けたが1913年(大正2月)11月に国東電気に事業譲渡し1915年(大正4月)2月になり事業開始した。発電所はもたず九州水力電気より受電した[1]

交通編集

鉄道編集

1966年までは大分交通国東線国東駅も存在した。

バス路線編集

航路編集

  • 国東港(旅客航路はなし)

道路編集

高速道路はなし。

一般国道編集

県道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

  1. ^ 『電気事業要覧. 第9回』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集

外部リンク編集