メインメニューを開く

国松孝二

国松 孝二(くにまつ こうじ、1906年11月3日 - 2006年5月8日)は、日本ドイツ文学者

目次

経歴編集

千葉県船橋市生まれ。1930年東京帝国大学文学部独文科卒。1931年旧制武蔵高等学校教員。1945年九州帝国大学教授。1950年東京大学教養学部教授、1956年文学部教授、1967年定年退官、立教大学教授。1970年から専修大学教授、1977年、退職。

ニーチェゲーテの作品の翻訳に携わった。

2006年5月8日肺炎で死去。享年99。ロシア文学比較文学者で桃山学院大学教授の国松夏紀は息子。

著書編集

  • 『人間人生懐疑 わが箴言』(白水社, 1974年)
  • 『浮塵抄』(同学社, 1988年)

翻訳編集

編著・共著編集

  • 『初級ドイツ語』(藤田五郎常木実 河出書房新社, 1958年)
  • 『ドイツの文学』(高橋義孝 新潮社 1963年)
  • 『コンサイス和独辞典』(三省堂, 1966年)
  • 『簡単なドイツ文法』(福山明治/ハ・シュタインベルグ 朝日出版社 1975年)
  • 『独和大辞典』(小学館 1985年)