国民の力

2020年に結成された大韓民国の保守政党
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ハングル文字)が含まれています詳細

国民の力(こくみんのちから、朝鮮語: 국민의힘)は、韓国保守政党である。2022年5月10日から大統領を務める尹錫悦尹錫悦政権)を擁する与党であり共に民主党と並ぶ二大政党である。結党直後の凡そ半年間は未来統合党(みらいとうごうとう、朝鮮語: 미래통합당)を党名としていた(変更の経緯は後述)。

国民の力
국민의힘
英語の名称 People Power Party
党代表 権性東朝鮮語版(権限代行)[注 1]
院内代表 権性東朝鮮語版
創立 2020年2月17日 (2020-02-17)
前身政党 自由韓国党
新しい保守党
未来に向けた前進4.0
未来韓国党
国民の党
その他の政治団体
本部所在地 ソウル特別市永登浦区ボドゥナル路 73, 3層
党員・党友数 3,475,372人 [1](2019年)
政治的思想 保守主義[2][3][4][5]
社会保守主義[6]
経済的自由主義[7]
反共主義[8]
政治的立場 中道右派[9] - 右派[10][11]
国際連携 国際民主同盟[12]
国会
115 / 299
(2022年6月2日)
広域団体長
12 / 17
(2022年7月1日)
広域議会
540 / 872
(2022年7月1日)
基礎団体長
145 / 226
(2022年7月1日)
基礎議会
1,435 / 2,988
(2022年7月1日)
党旗
Flag of People Power Party of Korea (variant 2).svg
公式サイト
 https://www.peoplepowerparty.kr/intro.jsp
大韓民国の政治
大韓民国の政党一覧
大韓民国の選挙
国民の力
各種表記
ハングル 국민의힘
漢字 國民의힘
発音 クンミネヒム
ローマ字 People Power Party
テンプレートを表示

概説編集

1997年以降の韓国政治において保守派の本流を為してきたハンナラ・セヌリ・自由韓国党を事実上の前身とし第21代総選挙与党の民主党から国会第一党の地位を奪うため2020年2月17日に他の保守系政党と合同して「未来統合党」として発足した。中央選挙管理委員会の記録上は新設の政党であるが、自由韓国党の地位を引き継いで国際民主同盟に所属している[12]

比例代表に特化した連携政党として未来韓国党を有したものの、第21代総選挙では革新政党共に民主党(以下民主党)に敗北し獲得議席が両党併せて103議席に留まった[注 2]。選挙後、未来韓国党を吸収合併し一つの政党となっている。

2020年9月2日、党名を「未来統合党」から「国民の力」に改めた[13]

歴史編集

保守統合による未来統合党結成編集

 
未来統合党時代に使用したロゴ

韓国の保守派は、最大勢力の旧セヌリ党が第20代総選挙で国会第一党の座を民主党へ明け渡し、次いで行われた2017年5月の大統領選挙でも敗北した為、国政における影響力が低下した。更に、崔順実ゲート事件朴槿恵大統領弾劾とそれらへの対応に関する総括を巡って2016年以降派閥単位での政党再編を繰り返し、「保守」を政策の理念に掲げる政党は2020年1月末時点で自由韓国党正しい未来党新しい保守党未来に向けた前進4.0新セヌリ党ウリ共和党の6党と乱立状態にあった。

その為、第21代総選挙で保守系政党が中道左派与党である民主党から第一党の座を奪還する目的で、右派性向が類似している自由韓国党新しい保守党及び未来に向けた前進4.0の三党が合同し、2020年2月17日に未来統合党が発足した[14]。三党合同直前の2月5日未来韓国党が自由韓国党から分党したが、これは第21代総選挙の準連動型比例代表制[注 3]に対応する目的で行われた措置であり、未来韓国党は未来統合党の事実上の衛星政党となっている。また、残りの保守系政党3党は、正しい未来党社会保守主義性向のその他諸党と合同して民生党を結成し、朴槿恵の無罪を主張する極右性向のウリ共和党自由共和党親朴新党とに分裂した。新セヌリ党は引き続き単独で存立している。

第21代総選挙での惨敗編集

2020年4月16日2019新型コロナウイルスに対する厳重な管理体制が敷かれる中で第21代総選挙が実施され、未来統合党は300議席中84議席しか獲得できず、惨敗した。本選挙では、ソウル市中心部の鍾路選挙区で党代表の黄教安が民主党の候補者で元首相李洛淵に大差で敗れた他、羅卿瑗院内代表を始めとする指導部の大半が落選する等、人口の半分が集中する首都圏での議席減少が目立った。この結果、未来統合党は比例代表に特化した未来韓国党と合わせても改憲阻止ラインである100議席をかろうじて上回る103議席の確保に留まり、前回の総選挙で旧セヌリ党が得た122議席からも後退する結果となった[16][17][18]。選挙結果を受けて、黄教安は選挙当日夜に代表を辞任することを表明した[19]

選挙後の分析では、統合党の支持が60代以上の高齢者層に偏っており、都市の住民や若年層からは既得権益に固執する「シルバー政党」と見られている事、また候補者がセウォル号遺族に対する暴言を吐いたり直接行動で国会の審議を妨害したりする等不適切な行為の繰り返しで「反動に傾く政党」と有権者から見なされ、中道右派無党派の支持を失った事などが指摘された[20][21][18]。右派系の朝鮮日報は選挙結果について「文在寅政権もよくやったとは言えないが、未来統合党はダメだ」との声があったとし[20]中央日報も未来統合党について「党名は変えても心がけと行動は一つも変わっていなかった」と批判的に評価した[22]

党名変更と党立て直しの取り組み編集

総選挙後の2020年5月8日、未来統合党は当選者総会を開いて21代国会を率いる新たな院内代表に大邱選出で当選5回の朱豪英を、政策委員会議長に忠州選出で当選3回の李鍾培をそれぞれ選出し、新たな党指導部の体制が確立するまで朱豪英が党代表権限代行も兼務する事とした。[23]。また、5月14日には未来韓国党と早期に合併することで基本合意し[注 4][24]5月26日の合同総会で未来統合党への未来韓国党合併を正式に決定した後[25]5月29日に未来韓国党を吸収合併した。

同年5月22日、未来統合党は当選者総会で2021年4月7日までを任期とする非常対策委員長に金鍾仁を選出、金鍾仁は政策や党名の改正等の大幅な刷新を目指すとした[26]。この方針に基づき、未来統合党は同年8月13日から21日にかけて、国民を対象に新しい党名の公募を実施。9月2日に党名を「国民の力」に改名することを決定し、後に中央選挙管理委員会から新党名を承認された[27][28]

2021年4月7日次期大統領選挙の前哨戦と位置づけられるソウル市長補欠選挙釜山市長補欠選挙が同時に実施され、いずれも国民の力が勝利した[29]。次いで6月11日の党大会では、36歳で国政未経験の李俊錫を党代表に選出。韓国の主要政党では憲政史上初の30代党首だったこともあり、党の刷新を印象づけた[30]。更に、有力な次期大統領候補者と目される崔在亨尹錫悦が同年7月に相次いで入党し[31]、大統領選挙における「反文在寅」陣営の中心勢力となった。だが一方で、6月下旬[32]から始まった国民の党との合流交渉は両党の神経戦となり[33]、同年7月27日に実務交渉団が交渉の終了を宣言する事態となった[34]。これを受け、李俊錫は国民の党代表の安哲秀に決断を促したが[35]、安哲秀は8月16日に協議決裂を正式に宣言したため、第三勢力の取り込みには失敗した[32]

第20代大統領選挙での辛勝編集

国民の力は2021年9月15日から党内選挙によって第20代大統領選挙の候補者を選別し始め[36]、同年11月5日尹錫悦を公認候補として選出した[37]。これ以降、与党・共に民主党の公認候補である李在明との選挙戦が展開されたが、論点が「政策」ではなく家族を巡るスキャンダルの攻防レベルに留まった[38]事から、選挙50日前の2022年1月18日時点ですら支持率1位が定まらない混戦模様が続いた[39]

2022年2月13日14日にかけて第20代大統領選挙の候補者登録手続きが行われ、国民の力を始めとする各党が登録を行った。その際に国民の党の公認候補者である安哲秀が尹錫悦に対し野党候補一本化を提案し[40]、一度は提案が撤回されたものの[41]、同年3月3日に安哲秀の出馬辞退と尹錫悦支持が発表された[42]。第20代大統領選挙は2022年3月9日に予定通り執行され、尹錫悦が共に民主党の李在明候補を0.7%の僅差で破り、国民の力が5年ぶりの政権交代を果たした[43]

選挙後、尹錫悦は3月13日に「政権引き継ぎ委員会」を発足するが、委員長に国民の党の安哲秀を、副委員長に国民の力の権寧世をそれぞれ任命した[44]4月18日、大統領選挙における「候補の一本化」を契機として、尹を支援した安哲秀率いる国民の党との合併を発表した[45][46]。合併手続きは5月2日に行われ、5月3日中央選挙管理委員会から手続き完了が広告された[47]

弾劾5年ぶりに政権奪還、そして6・1地方選挙圧勝編集

2022年5月10日、新大統領の就任により、朴槿恵前大統領弾劾事件以来5年ぶりに与党の地位を取り戻すことに成功した。

1987年の民主化以後、韓国の第6共和国現在憲法体制が導入されて以来、保守政党と民主党系政党の各10年政権周期説を初めて破り、民主党政権を第1期で終息させ、政権交代に成功して保守政党が政権を握る記録を立てた[48]

新政府発足以後、わずか3週間後の執行されていた同年6月1日に執行された6・1地方選挙で別名政権初期ハネムーン効果に力づけられ国民の力は相手共に民主党を抜いて選挙結果に完勝した。 広域自治体首長選挙では、計17地域のうち12地域で勝利し、特に発足後、民主党の強い地域とされていた世宗市地域で当選者を輩出するなど、全国的に当選者を輩出することに成功し、基礎自治体首長選挙及び広域議会議員選挙でも、2010年李明博政権当時に執行された第5回地方選挙以来、保守政党は特に首都圏地域で民主党所属候補に大挙議席を奪われるなど苦戦したが、12年ぶりに初めて選出定数の60%以上に該当する地域で当選者が出たため、全体的に勝利する結果となった。

これにより、文在寅政府当時の各種全国単位選挙惨敗の結果を民主党に向けて完全に雪辱し、尹錫烈大統領は任期初めの行政権力に続き、地方権力の後押しを受けながら国政運営ができるようになったという評価がある[49]

党勢推移編集

総選挙
年月日 結果 備考
合計 地域区 比例
代表
得票率
(比例代表)
第21代総選挙 2020年4月15日 103 84 19 33.84% 比例代表は未来韓国党として。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 党員倫理委員会は李俊錫に対して党員権を6ヶ月間停止とする懲戒議決により、職務停止となり 2022年7月8日から院内代表の権性東が権限代行を務める。
  2. ^ 前回の第20代総選挙では、「敗北」と評価されつつもセヌリ党が122議席をしていた。
  3. ^ 比例代表47議席のうち、30議席を各党の小選挙区当選者数(連動率50%)と政党得票率(連動型比例)に基づいて、17議席を政党得票率のみに(非連動型比例)基づいてそれぞれ配分する制度。政党得票率と比して小選挙区の獲得議席数が少なかった場合、公職選挙法朝鮮語版第189条の計算式に基づいて政党得票率に見合った総議席数を保証する。連動型比例は計算式上小選挙区での当選者が多い政党ほど不利となる制度であり、小選挙区での当選者が常に100人以上いる自由韓国党は同制度の導入に反対していた[15]
  4. ^ なお、この前日には共に民主党衛星政党共に市民党を吸収合併している。

出典編集

  1. ^ 2019년도 정당의 활동개황 및 회계보고
  2. ^ 保守が合流「未来統合党」発足 韓国(時事通信)2020年2月17日
  3. ^ Elizabeth Shim (2020年2月28日). “South Korea president voices concern about Chinese reprisal” (英語). UPI通信社. https://www.upi.com/Top_News/World-News/2020/02/28/South-Korea-president-voices-concern-about-Chinese-reprisal/2551582906837/ 2020年10月30日閲覧. "Hwang Kyo-ahn, leader of the conservative United Future Party, the main opposition, told Moon it might not be too late to implement a ban to prevent a further increase in cases of COVID-19." 
  4. ^ Choi Si-young (2020年3月2日). “Public divided over expanding China entry ban” (英語). The Korea Herald. http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20200302000742 2020年10月30日閲覧. "Almost 9 out of 10 supporters of the conservative main opposition United Future Party favored a wider ban that covers all of China." 
  5. ^ Ju-min Park (2020年3月2日). “Wristwatch overshadows South Korea sect leader's coronavirus apology” (英語). ロイター. https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-southkorea-watch-idUSKBN20P1UM 2020年10月30日閲覧. "United Future Party, a conservative political movement formerly headed by Park, denied Lee and the party had any political connections." 
  6. ^ UFP move to the centrism” (朝鮮語). 연합뉴스tv (2020年8月16日). 2020年8月16日閲覧。
  7. ^ 제목=김영식 의원, 자유기업원 2020년도 ‘자유경제입법상’ 수상” (朝鮮語). 2021年2月20日閲覧。
  8. ^ 황교안, 또 다시 큰절…“조국 부부 미소 짓고, 윤석열 쫓겨날 것””. 2020年8月23日閲覧。
  9. ^ 韓国の保守政党が消える? 第1野党が挑む「捨て身戦略」”. 毎日新聞. 2021年1月23日閲覧。
  10. ^ “Three minor parties merge ahead of April elections” (英語). 聯合ニュース. (2020年2月24日). https://en.yna.co.kr/view/AEN20200224005200315 2020年10月30日閲覧. "Last Monday, the main opposition Liberty Korea Party merged with the New Conservative Party and Forward for Future 4.0 to create the right-wing United Future Party (UFP)." 
  11. ^ Park Han-na (2020年7月5日). “Prospect grows for opposition coalition” (英語). The Korea Herald. http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20200705000179 2020年10月30日閲覧. "Cooperative moves gained traction since the right-wing United Future Party, the largest opposition party with 103 lawmakers, and center-right People’s Party with three lawmakers launched a joint study program called the People’s Future Forum in early June, where party leaders and lawmakers share and discuss the future course of their policy directions." 
  12. ^ a b IDU Membership 2020.3.28閲覧
  13. ^ 김태균 (2020年9月2日). “韓国最大野党 「国民の力」に党名変更確定” (日本語). 聯合ニュース. 2020年9月2日閲覧。
  14. ^ [ニュース分析]「セヌリ党に逆戻り」? 刷新?…戦列整えた保守、総選挙の最大変数. ハンギョレ. (2020年02月18日)
  15. ^ “韓国国会で公選法改正案可決 「準連動型比例代表制」初導入=最大野党は猛反発”. 聯合ニュース. (2019年12月27日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191227005000882 2020年2月21日閲覧。 
  16. ^ “韓国総選挙 議会5分の3占める「巨大与党」誕生”. 聯合ニュース. (2020年4月16日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200416002000882?section=politics/index 2020年4月17日閲覧。 
  17. ^ “韓国総選挙、革新与党が圧勝 文政権のコロナ対策を評価”. 日本経済新聞. (2020年4月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58112700W0A410C2MM0000/ 2020年5月19日閲覧。 
  18. ^ a b “「退行的保守にはもう居場所がない」厳しい民意の警告状”. (2020年4月16日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36361.html 2020年5月25日閲覧。 
  19. ^ “最大野党代表 総選挙敗北受け辞任表明=韓国”. 聯合ニュース. (2020年4月16日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200415005700882?section=search 2020年5月19日閲覧。 
  20. ^ a b “【社説】記録的な与党圧勝、前例のないこの力を国民のための政策転換に使ってほしい”. 朝鮮日報. (2020年4月16日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/16/2020041680010.html 2020年4月17日閲覧。 
  21. ^ “4年目の文在寅政権(4) 野党は沈没船の船長争い”. 日本経済新聞. (2020年5月15日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59100980U0A510C2EA1000/ 2020年5月20日閲覧。 
  22. ^ “社説】国難克服のために与党の軍配を上げた民心を謙虚に受け止めるべきだ=韓国”. 中央日報. (2020年4月16日). https://japanese.joins.com/JArticle/264921 2020年4月17日閲覧。 
  23. ^ “未来統合党の新院内代表に朱豪英氏、「政権担当政党目指して立て直す」”. 東亜日報. (2020年5月9日). https://www.donga.com/jp/List/article/all/20200509/2058536/1/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%85%9A%E3%81%AE%E6%96%B0%E9%99%A2%E5%86%85%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%AB%E6%9C%B1%E8%B1%AA%E8%8B%B1%E6%B0%8F%E3%80%81%E3%80%8C%E6%94%BF%E6%A8%A9%E6%8B%85%E5%BD%93%E6%94%BF%E5%85%9A%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%A6%E7%AB%8B%E3%81%A6%E7%9B%B4%E3%81%99%E3%80%8D 2020年5月19日閲覧。 
  24. ^ “韓国最大野党が比例政党と合併合意 103議席に=与党は177議席”. 聯合ニュース. (2020年5月14日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200514005700882 2020年5月15日閲覧。 
  25. ^ “韓国最大野党 比例政党との合併決定=103議席に”. 聯合ニュース. (2020年5月26日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200526002900882 2020年6月1日閲覧。 
  26. ^ “最大野党の未来統合党 非常対策委員会体制へ”. KBS. (2020年5月25日). https://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=75859 2020年6月4日閲覧。 
  27. ^ 韓国保守「国民の力」に党名変更 支持層拡大…(写真=聯合・共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版 (2020年9月2日). 2020年9月2日閲覧。
  28. ^ 통합, '국민의힘' 당명교체 최종 추인…선관위 승인만 남아” (朝鮮語). world.kbs.co.kr (2020年9月2日). 2020年9月2日閲覧。
  29. ^ 韓国ソウル・釜山市長選、ともに野党候補が当選、与党は大敗”. BBC News (2021年4月8日). 2021年4月18日閲覧。
  30. ^ “韓国最大野党の代表に李俊錫氏…憲政史上初の30代”. 中央日報. (2021年6月11日). https://japanese.joins.com/JArticle/279562 2021年6月11日閲覧。 
  31. ^ 韓国前検事総長が野党入党 「反文在寅」候補選びが本格化”. 産経新聞 (2021年7月30日). 2021年8月10日閲覧。
  32. ^ a b 安哲秀氏が最大野党との合併決裂発表 大統領選出馬明言せず=韓国”. 聯合ニュース (2021年8月16日). 2021年8月23日閲覧。
  33. ^ 「国民の力」と「国民の党」、合同巡り神経戦”. 東亜日報 (2021年4月16日). 2021年8月10日閲覧。
  34. ^ 李俊錫国民の力代表、国民の党との統合交渉決裂に「安哲秀代表が直接乗り出すべきだ」=韓国”. WoW!Korea (2021年7月27日). 2021年8月10日閲覧。
  35. ^ 韓国最大野党代表「安哲秀国民の党代表は統合への考えを明らかにせよ」”. WoW!Korea (2021年8月3日). 2021年8月10日閲覧。
  36. ^ 국민의힘 1차 경선 안상수 원희룡 유승민 윤석열 최재형 하태경 홍준표 황교안 통과” (朝鮮語). YTN (2021年9月15日). 2022年5月10日閲覧。
  37. ^ 韓国大統領選、保守系野党候補に尹錫悦前検事総長 構図固まる”. 朝日新聞 (2021年11月5日). 2022年5月10日閲覧。
  38. ^ “[コラム]韓国の与野党大統領選候補は大局観を見せてほしい”. ハンギョレ. (2021-21-21). http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/42055.html 2022年1月23日閲覧。 
  39. ^ “五里霧中の韓国大統領選 50日前でも支持率1位が定まらず”. 聯合ニュース. (2022年1月18日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220118002600882 2022年1月23日閲覧。 
  40. ^ 安氏が野党一本化提案 尹氏は「世論調査」に難色 韓国大統領選(中日新聞)
  41. ^ 安氏、野党一本化を撤回 韓国、保守尹氏陣営に痛手 韓国大統領選(佐賀新聞)
  42. ^ 野党一本化、尹氏に追い風 与党李氏は危機感―韓国大統領選”. 時事通信 (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  43. ^ “韓国大統領に保守系の尹錫悦氏、5年ぶり政権交代 0.7%差の接戦”. 朝日新聞. (2022年3月10日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ396FB5Q33UHBI05Y.html 2022年4月18日閲覧。 
  44. ^ “韓国「政権引き継ぎ」委員長に安哲秀氏 大統領選で協力”. 日本経済新聞. (2021年3月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM131460T10C22A3000000/ 2022年3月14日閲覧。 
  45. ^ “韓国次期与党と中道系が合併 少数与党での出発”. 産経新聞. (2022年4月18日). https://www.sankei.com/article/20220418-3VGLBOQT3ZOI5M35TYNZOCQAFE/ 2022年4月18日閲覧。 
  46. ^ “韓国 新政権与党「国民の力」が中道系政党を吸収合併”. 毎日新聞. (2022年4月18日). https://mainichi.jp/articles/20220418/k00/00m/030/235000c.amp 2022年4月18日閲覧。 
  47. ^ “공고 제2022 - 137호 정당합당신고 공고 (흡수합당)”. 中央選挙管理委員会. (2022年5月3日). https://www.nec.go.kr/site/lvt/ex/bbs/View.do?cbIdx=1503&bcIdx=178387&relCbIdx=1086 2022年5月10日閲覧。 
  48. ^ 朴탄핵뒤 위기의 보수, 5년만에 정권교체…'10년 주기론' 깼다” (朝鮮語). 2022年7月8日閲覧。
  49. ^ 與, '윤석열 효과' 등에 업고 압승…탄핵 5년만에 지방권력도 교체” (朝鮮語). 2022年7月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集