メインメニューを開く

国民的君主制(こくみんてきくんしゅせい、: popular monarchy)は、君主制のうち、その君主号が領地ではなく領民と結び付けられているものをいう[1]中世スコットランドなどでは標準的で、19世紀から20世紀のヨーロッパでも市民革命の結果を反映して採用されるようになった。フランス革命では、主権在民原理に根差す立憲君主制への移行に際し、ルイ16世が単なる領主ではなく国民代表たる君主であることを示すため、その称号が変更された。

現在のベルギーの王制1830年の独立革命以来の国民的君主制で、ベルギー人の王: Koning der Belgen, : Roi des Belges, : König der Belgier)という称号を用いている(国民的君主制が現存する唯一の例)。

目次

用例編集

中世編集

近現代編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Martin, Kinglsey (24 Aug 2005), “The Evolution of Popular Monarchy”, Political Quarterly 7 (2): 155–78 .