メインメニューを開く

国民精神作興ニ関スル詔書(こくみんせいしんさくこうにかんするしょうしょ、國民精神作興ニ關スル詔書)は、1923年(大正12年)11月10日大正天皇の名で摂政宮(皇太子裕仁、後の昭和天皇)が発した詔書

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

目次

概要編集

この詔書は、1923年(大正12年)11月10日、大正天皇の名で摂政宮(皇太子裕仁、後の昭和天皇)が署名して御璽を捺し、山本権兵衛内閣総理大臣以下第2次山本内閣国務各大臣が副署した。翌11日には、詔書の趣旨を一層深く国民に徹底するためとして、詔書の内容を説明する文書を内閣総理大臣告諭として発した。その翌日12日の地方長官会議の席では山本首相の訓示でこの詔書に言及し、翌13日の同会議では後藤新平内務大臣が、翌14日の同会議では岡野敬次郎文部大臣がこの詔書に言及し、重ねてその周知徹底を図った。

1948年(昭和23年)6月19日、国民精神作興ニ関スル詔書は、衆議院における「教育勅語等排除に関する決議」および参議院における「教育勅語等の失効確認に関する決議」によって、教育ニ関スル勅語(教育勅語)などとともに失効確認が決議された。

本文編集

朕惟フニ國家興隆ノ本ハ國民精神ノ剛健ニ在リ之ヲ涵養シ之ヲ振作シテ以テ國本ヲ固クセサルヘカラス是ヲ以テ先帝意ヲ敎育ニ留メサセラレ國體ニ基キ淵源ニ遡リ皇祖皇宗ノ遺訓ヲ掲ケテ其ノ大綱ヲ昭示シタマヒ後又臣民ニ詔シテ忠實勤儉ヲ勸メ信義ノ訓ヲ申ネテ荒怠ノ誡ヲ垂レタマヘリ是レ皆道德ヲ尊重シテ國民精神ヲ涵養振作スル所以ノ洪謨ニ非サルナシ爾來趨向一定シテ效果大ニ著レ以テ國家ノ興隆ヲ致セリ朕卽位以來夙夜兢兢トシテ常ニ紹述ヲ思ヒシニ俄ニ災變ニ遭ヒテ憂悚交々至レリ

輓近學術益々開ケ人智日ニ進ム然レトモ浮華放縱ノ習漸ク萠シ輕佻詭激ノ風モ亦生ス今ニ及ヒテ時弊ヲ革メスムハ或ハ前緖ヲ失墜セムコトヲ恐ル況ヤ今次ノ災禍甚夕大ニシテ文化ノ紹復國カノ振興ハ皆國民ノ精神ニ待ツヲヤ是レ實ニ上下協戮振作更張ノ時ナリ振作更張ノ道ハ他ナシ先帝ノ聖訓ニ恪遵シテ其ノ實效ヲ擧クルニ在ルノミ宜ク敎育ノ淵源ヲ崇ヒテ智德ノ竝進ヲ努メ綱紀ヲ粛正シ風俗ヲ匡勵シ浮華放縱ヲ斥ケテ質實剛健ニ趨キ輕佻詭激ヲ矯メテ醇厚中正ニ歸シ人倫ヲ明ニシテ親和ヲ致シ公德ヲ守リテ秩序ヲ保チ責任ヲ重シ節制ヲ尚ヒ忠孝義勇ノ美ヲ揚ケ博愛共存ノ誼ヲ篤クシ入リテハ恭儉勤敏業ニ服シ產ヲ治メ出テテハ一已ノ利害ニ偏セスシテカヲ公益世務ニ竭シ以テ國家ノ興隆ト民族ノ安榮社會ノ福祉トヲ圖ルヘシ朕ハ臣民ノ協翼ニ賴リテ彌々國本ヲ固クシ以テ大業ヲ恢弘セムコトヲ冀フ爾臣民其レ之ヲ勉メヨ

  • 読み
朕惟(おも)うに、国家興隆(こっかこうりゅう)の本(もと)は、国民精神(こくみんせいしん)の剛健(ごうけん)に在り、之(これ)を涵養(かんよう)し、之を振作(しんさく)して以て国本(こくほん)を固くせざるべからず。是(これ)を以て、先帝(せんてい)意(い)を教育に留(とど)めさせられ、国体(こくたい)に基(もとづ)き、淵源(えんげん)に遡(さかのぼ)り、皇祖皇宗(こうそこうそう)の遺訓(いくん)を掲(かか)げて、其(そ)の大綱(たいこう)を昭示(しょうじ)したまい、後(のち)又(また)臣民(しんみん)に詔(みことのり)して、忠実勤倹(ちゅうじつきんけん)を勧(すす)め、信義(しんぎ)の訓(おしえ)を申(かさ)ねて、荒怠(こうたい)の誡(いましめ)を垂(た)れたまえり。是(こ)れ皆(みな)道徳を尊重して国民精神を涵養振作(かんようしんさく)する所以(ゆえん)の洪謨(こうぼ)に非(あら)ざるなし。爾來(じらい)趨向(すうこう)一定(いってい)して、効果大に著(あらわ)れ、以て国家の興隆(こうりゅう)を致せり。朕即位(そくい)以来、夙夜(しゅくや)兢兢(きょうきょう)として常に紹述(しょうじゅつ)を思いしに、俄(にわか)に災変(さいへん)に遭(あ)いて、憂悚(ゆうしょう)交々(こもごも)至れり。
輓近(ばんきん)学術益々(ますます)開け、人智(じんち)日に進む。然(しか)れども浮華放縦(ふかほうしょう)の習(ならい)漸(ようや)く萠(きざ)し、軽佻詭激(けいちょうきげき)の風(ふう)も亦(また)生(しょう)ず。今に及びて、時弊(じへい)を革(あらた)めずんは或(あるい)は、前緒(ぜんしょ)を失墜(しっつい)せんことを恐(おそ)る。況(いわん)や、今次(こんじ)の災禍(さいか)甚(はなは)だ大(だい)にして、文化の紹復(しょうふく)国カ(こくりょく)の振興(しんこう)は皆(みな)国民(こくみん)の精神(せいしん)に待(ま)つをや。是(こ)れ実(じつ)に上下協戮(しょうかきょうりく)振作更張(しんさくこうちょう)の時(とき)なり。振作更張(しんさくこうちょう)の道は他なし。先帝(せんてい)の聖訓(せいくん)に恪遵(かくじゅん)して、其(そ)の實効(じっこう)を挙(あ)ぐるに在るのみ。宜(よろし)く教育の淵源を崇(たっと)びて智德(ちとく)の並進(へいしん)を努め、綱紀(こうき)を粛正(しゅくせい)し、風俗を匡励(きょうれい)し、浮華放縦を斥(しりぞ)けて、質実剛健(しつじつごうけん)に趨(おもむ)き、軽佻詭激(けいちょうきげき)を矯(た)めて、醇厚中正(じゅんこうちゅうせい)に帰(き)し、人倫(じんりん)を明(あきらか)にして、親和(しんわ)を致(いた)し、公徳(こうとく)を守りて秩序を保ち、責任を重(おもん)じ、節制(せっせい)を尚(たっと)び、忠孝義勇(ちゅうこうぎゆう)の美(び)を揚(あ)げ、博愛共存(はくあいきょうぞん)の誼(ぎ)を篤(あつ)くし、入(い)りては恭儉勤敏(きょうけんきんびん)業(ぎょう)に服し、産を治(おさ)め出でては一已(いっこ)の利害に偏(へん)せずして、カ(ちから)を公益(こうえき)世務(せいむ)に竭(つく)し、以て国家の興隆と民族の安栄(あんえい)社会(しゃかい)の福祉とを図(はか)るべし。朕は臣民の協翼(きょうよく)に頼(たよ)りて弥々(いよいよ)国本(こくほん)を固くし、以て大業(たいぎょう)を恢弘(かいこう)せんことを冀(こいねが)う。爾(なんじ)臣民(しんみん)其(そ)れ之(これ)を勉(つと)めよ。

関連項目編集

外部リンク編集