国民精神文化研究所

国民精神文化研究所(こくみんせいしんぶんかけんきゅうしょ)は、戦前期に東京市品川区上大崎に設置された、文部省直轄研究所。略称は精研。「皇国教学ノ指導者トシテノ信念ト識見トノ醇化」を指導方針とする教育機関[1]。終戦後、GHQから超国家主義組織として解散させられ、講師陣は公職追放される[1]

目次

沿革編集

  • 1932年 文部省の諮問機関である学生思想問題調査委員会により、「学生生徒左傾」への対策として「我が国体、国民精神の原理を闡明し、国民文化を発揚し、外来思想を批判し、マルキシズムに対抗するに足る理論体系の建設を目的とする、有力なる研究機関を設くる」べきことが答申される[2]。これにもとづき、国民精神文化研究所官制(昭和7年勅令233号)[3]が公布され、はじめ文部省内、まもなく神田一ツ橋の仮庁舎で出発。
  • 1933年 品川区上大崎の新庁舎に新築移転。
  • 1934年 初代所長に関屋龍吉が就任(それまでは、粟屋謙伊東延吉が代行)。
  • 1941年 2代所長に伊東延吉が就任。
  • 1942年 国民錬成所が設置される。
  • 1943年 11月1日に国民精神文化研究所と国民錬成所を合併して教学錬成所となる[4]小金井町に移転。
  • 1945年 10月15日に教学錬成所が廃止され、教育研修所(のち、国立教育研究所に改組、現在の国立教育政策研究所)となる。

組織編集

研究部と事業部により構成される。研究部には、歴史・国文・芸術・哲学・教育・法政・経済・自然科学・思想の9科に分かれ、所員・研究嘱託・助手がおかれた。事業部は、教員研究科・研究生指導科とからなる。

歴代所長編集

国民精神文化研究所長
  • (兼務)粟屋謙:1932年8月23日 - 1934年5月29日
  • 関屋龍吉:1934年5月29日 - 1941年6月14日
  • 伊東延吉:1941年6月14日 - 1943年11月1日
教学錬成所長
  • 伊東延吉:1943年11月1日 - 1944年2月7日
  • 橋田邦彦:1944年3月1日 - 1945年9月14日没

主な刊行物編集

  • 『国民精神文化文献』

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 秦郁彦『現代史の争点』 文藝春秋 ISBN 978-4163540603、148p
  2. ^ 「学生思想問題調査委員会答申」(掛川トミ子 1976, pp. 32-38)
  3. ^ 国民精神文化研究所官制・御署名原本・昭和七年・勅令第二三三号 - 国立公文書館デジタルアーカイブ
  4. ^ 教学錬成所官制(昭和18年勅令第814号)(『官報』第5042号号外(1)、昭和18年11月1日、p.10