国沢実(国沢実 or 国沢☆実 or 国沢星実 or 国沢卍実、くにざわみのる、1964年 ‐)は、日本映画監督脚本家

くにざわ みのる
国沢 実
生年月日 1964年
出生地 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル 映画
主な作品
『性鬼人間』シリーズ[1]
テンプレートを表示

略歴編集

主にピンク映画を監督しその他のピンク作品では俳優としても出演し、仁木周作名義も用いる。自衛隊を経て小林悟監督の助監督を務め、1995年にOP映画『巨乳はさんで咥える』で監督デビュー[1]。特撮ファンであり、昭和特撮をオマージュした娯楽作品が多い[2]

自身の追及するドラマツルギーを「ありえないシチュエーションを設定し、そこに真実味をどれだけ盛り込めるか」と回答している[3]

主な作品編集

ピンク映画編集

  • 巨乳はさんで咥える(1995年9月23日公開)
  • 濃淫女 飲ませて! (1996年1月17日公開)
  • 生出し若奥様 しびれる(1996年9月5日公開)
  • 覗きの手口 淫乱女を狙え(1996年12月2日公開)
  • シミ付き令嬢 贅沢な舌技(1997年)
  • おねだり妻 くちびるでご奉仕 (1997年)  
  • 女子プロ志願 乳固め卍くずし (1998年)
  • 義母覗き 爪先に舌絡ませて (1999年)  
  • ノーパン妻 週末は不倫狂い (1999年)  
  • 新人OL 部長のいたずら (1999年)  
  • レイプマン 尻軽女を仕置きせよ (1999年)
  • 不倫願望 癒されたい (2000年)  
  • 人妻たちの性白書 AVに出演した理由(2001年)
  • プライベート・レッスン 家庭教師の胸元(2001年)
  • 三浦あいか 痴漢電車エクスタシー(2001年)
  • 吉村すもも 奴隷人形(2001年)
  • ノーパン医院 お脱がし治療(2002年1月15日公開)
  • 人妻陰悶責め(2002年)
  • ノーパン若妻 おもちゃで失神(2002年)
  • 美女濡れ酒場(2002年)
  • 小島三奈 声を漏らし感じて(2003年2月5日公開)
  • 性獣戦線(2003年)
  • 新・未亡人銭湯 女盛りムンムン(2003年)
  • 十八歳、制服の胸元 (2003年)
  • 悩殺天使 吸い尽くして(2003年)
  • 変態エロ性癖 恥汁責め(2004年)
  • 凌辱の爪跡 裂かれた下着(2004年)
  • 女子大生 恥じらいの喘ぎ(2004年)
  • くノ一淫法 おっぴろげ桜貝(2004年)
  • 新婚性教育 制服の花嫁(2006年)
  • 巨乳熟女 とろける手ほどき(2007年)
  • THEレイパー 暴行の餌食(2007年)
  • 人妻ひざ枕 奥までほじって[4](2008年)
  • 美人歯科医 いじくり抜き治療[5](2008年)
  • 変態女課長 陵辱ぶち込む(2008年)
  • 居酒屋の女房 酔い濡れ巨乳(2008年)
  • コンビニ無法地帯 人妻を狩れ[6](2009年)
  • OL空手乳悶 奥まで突き入れて(2009年)
  • THE レイパー〈闇サイト編〉 美姉妹・肌の叫び[7](2010年)
  • 監禁玩具 わいせつ狩り(2010年)
  • 兄嫁の肌は熱く甘く(2011年)
  • 美女妻クラブ ~秘密の癒し~(2011年)
  • SEXカウンセラー 変態えぐり療法(2012年)
  • 女警備員 まさぐり巡回(2013年)
  • 家庭教師 いんび誘惑レッスン(2013年)
  • 露出願望 見られたい人妻(2014年1月31日公開)
  • 特務課の女豹 絡みつく陰謀(2014年)
  • お天気キャスター 晴れのち濡れて(2015年1月23日公開)
  • 女弁護士 揉ませて勝訴(2015年02月06日公開)
  • スケベ研究室 絶倫強化計画(2015年11月13日公開)
  • 闇刻の宴「岩」(2015年)※オムニバス映画の一遍[3]
  • 性鬼人間第一号 発情回路[8](2016年)
  • 陶酔妻 白濁に濡れる柔肌[9](2016年)
  • 萌え盛るアイドル エクスタシーで犯れ![10](2016年)
  • 来訪者X 痴女遊戯(2017年)
  • 空想特撮ピンク映画・ピンクゾーン 地球に落ちてきた裸女(2017年)
  • スペルマーダー 嵐を呼ぶエクスタシー(2017年)
  • マンネリ(2017年7月8日、Abukawa corporation)[11]
  • SEXアドベンチャー ワンダー・エロス(2018年)[12]
  • 性鬼人間第二号~イキナサイ~(2018年)
  • 溢れる淫汁 いけいけ、タイガー(2019年)[13]
  • スペース・エロス 乳からのメッセージ(2019年)

ゲイポルノ編集

  • ふたりの恋人(2015年)
  • 愛棒ー激情版ー~ヒロとマモルの事件簿~(2015年)[14]

オリジナルビデオ編集

  • 痴漢電車 人前で… (2000年)
  • 濡れた花嫁 (2001年)
  • 世にも淫裸(みだら)な物語 派遣社員嬢の淫夢告白 (2001年)  
  • 人妻性白書 (2001年)
  • 酒池肉林ドラマ 新 お水の肌道 (2001年)
  • 家性婦は覗た! 私生活(秘)レポート (2001年) 
  • 吉村すもも 奴隷人形 (2001年)  
  • 女盗撮師 ~暴かれた素顔~ (2007年) 
  • 居酒屋のお姉さん (2007年)  
  • 青い性体験 家庭教師と淫らなレッスン (2003年)  
  • 悩殺天使 吸い尽くして (2003年)  
  • 華と蛇 (2005年) 
  • 恋愛家族 義母と義姉の秘密 (2005年)  
  • ヌルヌル痴漢電車 陵辱途中下車 (2004年)  
  • 陵辱 痴漢列島 (2004年)  
  • 夫婦交換 ~スワッピング体験記~ (2006年)  
  • [15](2016年、スターボード
  • マンネリ[16](2017年、スターボード

出演編集

  • ヒクヒクする女 -見られたい- (1996年)
  • 覗きの手口 淫乱女を狙え(1996年)
  • 異常露出 見せたがり(1996年)
  • 実録・性犯罪 制服レイプ (1997年)     - 岩田学(営業マン)
  • おくりもの(1997年)
  • 教え子と教師 いたずら秘め恥じめ(2003年)    - 電気屋
  • 温泉宿一発二日 艶子の湯 ひと夜だけの契り (2006年)  
  • リアルメン・スタンド! (2006年)  
  • ビーチバレー刑事(デカ) 謎のコーチを追跡せよ! (2007年)
  • ビーチバレー刑事(デカ) 盗撮ストーカーを追え! (2007年)
  • 居酒屋の女房 酔い濡れ巨乳(2008年)
  • お天気キャスター 晴れのち濡れて(2015年)
  • ハミ尻ダンプ姐さん キンタマ汁、積荷違反(2017年)

ピンク大賞でトップテン入りした作品編集

  • 1999年 7位(タイ):義母覗き 爪先に舌絡ませて
  • 1999年 7位(タイ):ノーパン妻 週末は不倫狂い
  • 2000年 3位:花嫁は初夜に濡れて
  • 2000年 5位:不倫願望 癒されたい
  • 2001年 8位:プライベート・レッスン 家庭教師の胸元
  • 2003年 4位:悩殺天使 吸い尽くして
  • 2003年 7位:十八歳、制服の胸元
  • 2005年 7位:欲情喪服妻 うずく

関連書編集

英語編集

  • Minoru Kunizawa - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  • Sharp, Jasper (2008). Behind the Pink Curtain: The Complete History of Japanese Sex Cinema. Guildford: FAB Press. pp. 334, 350. ISBN 978-1-903254-54-7. 

注釈編集

  1. ^ a b ピンク映画の異端児 国沢実監督特集” (日本語). シネマヴェチェント. 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ ピンク映画の異端児 国沢実監督特集” (日本語). シネマヴェチェント. 2019年10月24日閲覧。
  3. ^ a b 『闇刻の宴』監督陣インタビュー最終回:国沢実監督『岩』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映” (日本語). INTRO : オルタナティブな視点で映画を愉しむ映画情報サイト. 2019年10月23日閲覧。
  4. ^ 再上映時「耳かき性感 あやうい太もも」に改題。
  5. ^ 再上映時「女歯科医 ヌクのが上手!」に改題。
  6. ^ 後に「若妻生け捕り折檻」に改題。
  7. ^ 「THEレイパー 暴行の餌食」(2007年製作)とは関連はない。
  8. ^ 「性鬼人間」としてDVD化
  9. ^ 「分身」としてDVD化
  10. ^ 「エロスノート」としてDVD化
  11. ^ マンネリ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年10月23日閲覧。
  12. ^ SEXアドベンチャー ワンダー・エロス”. pg-pinkfilm.com. 2018年8月28日閲覧。
  13. ^ 溢れる淫汁 いけいけ、タイガー”. pg-pinkfilm.com. 2019年5月18日閲覧。
  14. ^ 愛棒 -激情版- ~ヒロとマモルの事件簿~”. www.pg-pinkfilm.com. 2020年1月11日閲覧。
  15. ^ オムニバス形式のホラー映画「闇刻の宴」の一本。PG-12指定作品。
  16. ^ R-15指定作品