国泰世華銀行(こくたいせかぎんこう)は、台湾台北市信義区に本社を置く商業銀行であり、2003年国泰銀行世華聯合商業銀行(世華銀行)が合併して誕生した銀行である。世華銀行が存続銀行となっているが、もともと国泰グループ色の強い国泰銀行のイメージがそのまま反映されており、世華銀行の面影は殆ど残っていない。

国泰世華銀行
Cathay Financial Center 20120712.jpg
国泰世華銀行本店
本社所在地 中華民国台湾
台北市信義区松仁路7号
設立 1975年
業種 銀行業
事業内容 銀行
外部リンク www.cathaybk.com.tw
テンプレートを表示
国泰世華銀行
各種表記
繁体字 國泰世華銀行
簡体字 国泰世华银行
拼音 Guótàishìhuā Yínháng
英文 Cathay United Bank
テンプレートを表示

前身の世華銀行は1971年9月、「第四屆世華金融聯誼會(第四回世華金融友好会)」において、世界の華僑商人が祖国の経済を発展させる決意と支持を表明し、海外17ヵ国の華僑商人指導者を結ぶための金融機関の一つとして、1975年に台湾で設立された。「世華」は世界華僑の略であり、銀行名の由来はこれらを意味した。

政府による金融改革によって、2002年に「国泰金融控股」を設立して、国泰・世華の両行は当フィナンシャルホールディングスの子会社となる。2003年に両行は合併した。

関連項目編集

朝元照雄『台湾企業の発展戦略:ケーステタディと勝利の方程式』(勁草書房、2016年 ISBN 9784326504275)の第2章「キャッセイ・フィナンシャルホールディングス(国泰金融控股)」に詳しい。

外部リンク編集