メインメニューを開く

歴史編集

画像外部リンク
広島県立文書館所有の戦前の絵葉書。
  [絵葉書](広島国泰寺) 戦前期、国泰寺町に立地していた当時の国泰寺。
 
1930年頃の広島市地図 / 当時の国泰寺の所在地が示されている。

開基編集

文禄3年(1594年)、安国寺恵瓊が現在の広島市中区中町臨済宗の寺院「安国寺」として創建したのに始まる。本堂建立に際しては朝鮮出兵で恵瓊が持ち帰った材木が使用された。開基時においては現在の愛宕池跡付近が海岸線であり、それより南には広島湾が広がっていた。

藩政期編集

関ヶ原の戦い後に恵瓊が刑死し、毛利氏に代わり広島に入封した福島正則の弟・普照が入寺すると、寺号は国泰寺と改められ同時に曹洞宗に改宗した。

福島氏ののち浅野氏の帰依を得て同家の菩提所となり寺領400石が寄進され、この地域における曹洞宗15ヶ寺の触頭の任に当たった。境内の面積は1町7反(約130m四方)に及び、元禄6年(1693年)にはさらに100石の加増を受け、広島藩5ヶ寺の一つとなった。また、寛永11年(1634年)までに境内から南の海面が埋め立てられると、新開地はこの寺にちなみ「国泰寺村」(現町名・国泰寺町)と命名された。

幕末維新期編集

元治元年(1864年)の第1次長州征伐に際しては、幕府軍の総督府(総督は尾張藩主徳川慶恕)が置かれ、切腹した長州藩3家老首実検が行われた。翌慶応元年(1865年)には事後処理として幕府から派遣された永井尚志らの訊問使(近藤勇伊東甲子太郎新選組幹部も同行)が、当寺で長州藩家老宍戸璣(山県半蔵)への糾問を行っている。また、明治期に入って明治6年(1873年)から明治9年(1876年)までには県庁仮庁舎が寺内に置かれていた。

国泰寺の大クスノキ編集

戦前、寺の境内にあったクスノキの大木は樹齢300年で国の天然記念物指定を受けていたが、その根は境内の外の道路にまで伸びていたため、大正期になって寺の西側の通りに広島電鉄宇品線が開通した際、この近辺の軌道はクスノキの根を避けるよう若干カーブして敷設された。また県立広島一中の校章に取り入れられるなど、当時の広島の風景を代表する存在として市民に広く親しまれていた。

原爆被災から己斐移転へ編集

昭和20年(1945年8月6日原爆被災爆心地から500mの位置にあった寺は全焼全壊し、境内の大楠も根元から倒壊した。第二次世界大戦後に再建、昭和23年(1948年)には藩政期以来境内に置かれていた浅野長晟以降の5藩主および一族の墓所が牛田町神田山の浅野家墓地に移転した。隣接する白神社(現存)とともに、古い時代からのランドマーク的建造物であった当寺は、市内の再開発が進むなか昭和53年(1978年)に己斐に移転、現在に至っている。中町の旧境内には現在、広島全日空ホテルが建てられており、同ホテル正面に残された寺の遺構(愛宕池跡)が往時を偲ばせている。

旧跡編集

「愛宕池跡」を除き、いずれも中町から移築。

墓所編集

その他編集

境内跡地(中町)編集

  • 愛宕池の跡 - 市指定史跡。

行事編集

関連項目編集

外部リンク編集