メインメニューを開く

国立チュルリョーニス美術館

国立チェルリョーニス美術館の外観

国立チュルリョーニス美術館(正式名称: 国立ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニス美術館、リトアニア語: Nacionalinis Mikalojaus Konstantino Čiurlionio dailės muziejus、略称: NČDM)は、リトアニアカウナスにある美術館。主に、画家で作曲家のミカロユス・チュルリョーニス1875年 - 1911年)の作品が展示されている。

1921年に設立され、1925年に一時的にギャラリーをオープンした。1936年にヴィータウタス大公文化博物館に名称変更し、1944年から現在の名称となった。1969年には増築が行われている[1]

チュルリョーニスの作品や関連する収集品のほか、17世紀から20世紀のリトアニアの民俗芸術作品や、さらにはエジプトの美術作品、貨幣も展示されている。また分館として以下の施設を抱えている[1]

  • ミーコラス・ジリンスカス美術館
  • カウナス絵画ギャラリー
  • 旧リトアニア共和国大統領官邸
  • 陶器博物館
  • 悪魔博物館
  • ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニス記念美術館
  • アンタナス・ジュムジナヴィチュース記念美術館
  • ガラウネ一家邸宅
  • リウダス・トルイキース・マリヨナス・ラカウスカイテ記念博物館
  • ヴィータウタス・カジミエラス・ヨニーナス・ギャラリー

国立チュルリョーニス美術館は、国際展覧会のほか、講義、コンサート、会議、子ども向けの特別教育活動なども支援している。

なお、国立チュルリョーニス美術館と同じ建物には別の博物館も入っている(ヴィータウタス大公戦争博物館)。

脚注編集