メインメニューを開く

国立病院機構栃木医療センター

独立行政法人国立病院機構栃木医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうとちぎいりょうせんたー)は、栃木県宇都宮市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立栃木病院政策医療分野における成育医療の基幹医療施設、がんの専門医療施設である。慶應義塾大学病院と提携している病院の一つである。看護学校を併設する。栃木県災害拠点病院エイズ治療拠点病院地域医療支援病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構栃木医療センター
国立病院機構栃木医療センター外観
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構栃木医療センター
前身 国立栃木病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、小児歯科、歯科口腔外科、麻酔科
許可病床数

350床
一般病床:344床


感染症病床:6床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 長谷川 親太郎(院長)
所在地
320-8580
栃木県宇都宮市中戸祭1丁目10番37号
位置 北緯36度34分49秒 東経139度51分58秒 / 北緯36.58028度 東経139.86611度 / 36.58028; 139.86611
二次医療圏 宇都宮
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1908年 - 宇都宮陸軍衛戍病院として創設。その後宇都宮第一陸軍病院、宇都宮第二陸軍病院に
  • 1945年 - 厚生省移管。宇都宮第一陸軍病院は国立栃木病院、宇都宮第二陸軍病院は国立宇都宮病院に
  • 1946年 - 国立栃木病院と国立宇都宮病院を合併、国立栃木病院に
  • 1950年 - 日本医療団宇都宮中央病院を併合
  • 2001年 - 厚生労働省に移管
  • 2004年 - 独立行政法人へ移行、独立行政法人国立病院機構栃木病院発足
  • 2013年 - 独立行政法人国立病院機構栃木医療センターに名称変更

診療科編集

アクセス編集

外部リンク編集