メインメニューを開く

国立療養所奄美和光園

画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2015年6月

国立療養所奄美和光園(こくりつりょうようじょあまみわこうえん、National Amami-wakoen Sanatorium)は、鹿児島県奄美市に位置する国立ハンセン病療養所。日本の厚生労働省施設等機関である。

目次

沿革編集

  • 1943年4月、奄美和光園(定床100床)設立
  • 1946年2月2日、いわゆる2・2宣言により奄美群島沖縄と共に、米軍の統治下による奄美群島政府行政となる、奄美群島政府に移管
  • 1983年3月、皮膚科を中心とした一般外来診療開始
  • 1996年3月27日、「らい予防法」廃止

規模編集

  • 敷地:129,284平方メートル
  • 入所者患者数・登録患者数:64名(2006年
  • 職員定員:101名
医師不足のため、東京都国立国際医療センター戸山病院から若手の医師を3カ月交替で派遣してもらっている。
  • 外来保険診療:皮膚科

所在地編集

  • 鹿児島県奄美市名瀬和光町1700

外部リンク編集