国立研究開発法人

日本の法人形態

国立研究開発法人(こくりつけんきゅうかいはつほうじん、英訳:National Research and Development Agency[1])とは、日本独立行政法人のうち主に研究開発を行う法人で、個別法によって定められたもの。

独立行政法人通則法の一部を改正する法律(平成26年法律第66号)によるもので、2015年4月1日より施行された。独立行政法人はその業務の特性によって中期目標管理法人、国立研究開発法人、行政執行法人(従前の特定独立行政法人に対応[2])の3つに区分されることとなった[3]。研究開発を主たる事業とする独立行政法人は研究開発の長期性、不確実性、予見不可能性、専門性などの特性を持つことから、該当する法人は国立研究開発法人に変更され[3]、国立研究開発法人は3区分の中で最も自由度が高い[4]。研究開発の成果を最大化することが望まれている一方で[5]、「導入される主務大臣の関与強化が縄張り意識や省益の維持に向かう」[6]、「(法人の評価が)お手盛り」[4]になる、などの懸念も示されている。

目次

特定国立研究開発法人編集

国立研究開発法人のなかでも特に世界トップレベルの成果が期待される法人、具体的には理化学研究所産業技術総合研究所に対しては「特定国立研究開発法人(スーパー法人)」として特例法を設け特別な措置が取られる予定であったが[4][7][8]、いわゆるSTAP細胞論文問題によって先送りとなった[9]

2015年12月18日、総合科学技術・イノベーション会議は「特定国立研究開発法人(仮称)の考え方の改訂(案)」を公表し、これまでの「総合的な研究機関」のほか「特定分野で卓越した研究機関」を追加した。これに伴い上記2機関の他に物質・材料研究機構を加えるとした[10][11]。選定に際しては「研究成果の質」「研究分野の広がり」「研究成果の実用化」「自ら主体的に創造的な研究開発活動を行うことを主たる業務とする」の4条件が考慮された[12]。翌年5月にはこれら3機関を特定国立研究開発法人に指定する新法が成立し、同年10月1日より施行となった。[13]

この特定国立研究開発法人の特徴として、理事長の裁量によって研究者の給与を高額に設定することができるほか、政府が特定の研究の実施を法人に要求することができること、また研究成果が十分でない場合には監督省庁の大臣が理事長を解任する権限を持つことなどが規定されている[11][13][12]

類似の制度として、国立大学法人においては指定国立大学法人制度が整備されてきている。 特定国立研究開発法人に指定される機関が法律で定められているのに対し、 指定国立大学法人は文部科学大臣が指定する制度となっており、 指定先の追加や廃止は法改正が不要となっている[14]

法律上の定義編集

「独立行政法人通則法の一部を改正する法律」は第186回国会で審議され、2014年6月に可決された[7]。以下に改正された独立行政法人通則法第二条第三項より抜粋する。

公共上の事務等のうち、その特性に照らし、一定の自主性及び自律性を発揮しつつ、中長期的な視点に立って執行することが求められる科学技術に関する試験、研究又は開発に係るものを主要な業務として国が中長期的な期間について定める業務運営に関する目標を達成するための計画に基づき行うことにより、我が国における科学技術の水準の向上を通じた国民経済の健全な発展その他の公益に資するため研究開発の最大限の成果を確保することを目的とする独立行政法人 — 独立行政法人通則法の一部を改正する法律[15]

法人一覧編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 科学技術振興機構 経営企画部 (2015年4月1日). “国立研究開発法人がスタートしました”. サイエンスポータル. 科学技術振興機構. 2015年4月6日閲覧。
  2. ^ 平成26年6月13日付(号外 第132号) - 官報
  3. ^ a b 国立研究開発法人審議会(仮称)について (PDF)”. 文部科学省科学技術・学術政策局 (2015年2月3日). 2015年4月1日閲覧。
  4. ^ a b c “(社説)独立法人改革 省庁の別動隊では困る”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社): p. 14. (2015年2月5日) 
  5. ^ 中村道治 (2015年3月). “3月号 理事長メッセージ「国立研究開発法人への移行に際して」”. JST news(広報誌). 科学技術振興機構. 2015年4月1日閲覧。
  6. ^ “(社説)研究開発法人 組織間の連携を急げ”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社): p. 8. (2015年2月23日) 
  7. ^ a b c 渡部晶 (2014年9月). “独立行政法人改革について〜3度目の国会提出で成立した独立行政法人通則法改正法案を中心に (PDF)”. 財務省広報誌「ファイナンス」. 財務省. 2015年4月1日閲覧。
  8. ^ “研究開発法人に理研と産総研指定 4閣僚が合意”. 日本経済新聞. (2014年3月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0502F_V00C14A3EE8000/ 
  9. ^ “「特定国立研究開発法人」の来年4月発足は困難に”. 日本経済新聞夕刊 (日本経済新聞社): p. 3. (2014年8月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG29003_Z20C14A8EAF000/ 2015年4月1日閲覧。 
  10. ^ 総合科学技術・イノベーション会議(第14回)”. 総合科学技術・イノベーション会議 (2015年12月18日). 2015年12月21日閲覧。
  11. ^ a b 理研など 高額雇用可能に 特定法人に指定、政府が新法提出へ 日本経済新聞 2015年12月18日
  12. ^ a b 3研究機関対象の特定法人法案を閣議決定 優れた研究者を好待遇 サイエンスポータル(科学技術振興機構) 2016年2月26日
  13. ^ a b c 特定国立研究開発法人による研究開発等の促進に関する特別措置法 2016年5月11日成立
  14. ^ 指定国立大学(仮称)について2016年4月7日閲覧
  15. ^ 第186回国会 「独立行政法人通則法の一部を改正する法律」”. 衆議院. 2015年4月1日閲覧。
  16. ^ 機構概要”. 日本医療研究開発機構. 2015年5月16日閲覧。
  17. ^ 沿革”. 情報通信研究機構. 2015年5月16日閲覧。
  18. ^ 「国立研究開発法人」への名称変更のお知らせ”. 物質・材料研究機構 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  19. ^ 沿革”. 防災科学技術研究所. 2015年5月16日閲覧。
  20. ^ 量子科学技術研究開発機構について”. 量子科学技術研究開発機構 (2015年4月1日). 2016年4月14日閲覧。
  21. ^ 国立研究開発法人科学技術振興機構法”. 科学技術振興機構. 2015年5月16日閲覧。JSTの沿革”. 科学技術振興機構. 2015年5月16日閲覧。
  22. ^ 研究所名称変更のお知らせ”. 理化学研究所 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  23. ^ 沿革”. 宇宙航空研究開発機構. 2015年5月16日閲覧。
  24. ^ 組織概要”. 海洋研究開発機構. 2015年5月16日閲覧。
  25. ^ 機構概要”. 日本原子力研究開発機構. 2015年5月16日閲覧。
  26. ^ 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の設立について (PDF)”. 医薬基盤・健康・栄養研究所 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  27. ^ 理事長ごあいさつ”. 国立がん研究センター. 2015年5月16日閲覧。
  28. ^ 理事長からのご挨拶”. 国立循環器病研究センター (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  29. ^ 法人名称の変更(国立研究開発法人化)について”. 国立精神・神経医療研究センター (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  30. ^ 法人名称が変更(国立研究開発法人)されました”. 国立国際医療研究センター (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  31. ^ 国立研究開発法人国立成育医療研究センター中長期計画 (PDF)”. 国立成育医療研究センター (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  32. ^ 沿革”. 国立長寿医療研究センター. 2015年5月16日閲覧。
  33. ^ 農研機構の名称変更について”. 農業・食品産業技術総合研究機構 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  34. ^ JIRCASについて:JIRCASとは”. 国際農林水産業研究センター. 2015年5月16日閲覧。
  35. ^ 森林総合研究所へようこそ。”. 森林総合研究所 (2015年4月17日). 2015年5月16日閲覧。
  36. ^ 水産総合研究センターの名称変更のお知らせ”. 水産総合研究センター (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  37. ^ 研究所概要”. 産業技術総合研究所. 2015年5月16日閲覧。
  38. ^ 法人名称変更のお知らせ”. 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  39. ^ 平成27年4月1日に土木研究所は「国立研究開発法人土木研究所」としてスタートしました。 (PDF)”. 土木研究所 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  40. ^ 建築研究所は、平成27年4月1日に「国立研究開発法人建築研究所」としてスタートしました。”. 建築研究所 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。
  41. ^ 【お知らせ】独立行政法人から国立研究開発法人へ名称変更”. 海上技術安全研究所 (2015年3月31日). 2015年5月16日閲覧。
  42. ^ 法人名称の変更に関するお知らせ”. 国立環境研究所 (2015年4月1日). 2015年5月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集