国道13号

日本の福島県福島市から秋田県秋田市へ至る一般国道

国道13号(こくどう13ごう)は福島県福島市から秋田県秋田市に至る一般国道である。

一般国道
国道13号標識
国道13号
地図
Japan National Route 13 Map.png
総延長 387.0 km
実延長 387.0 km
現道 326.1 km
制定年 1952年昭和27年)
起点 福島県福島市
舟場町交差点(北緯37度45分8.93秒 東経140度28分17.81秒 / 北緯37.7524806度 東経140.4716139度 / 37.7524806; 140.4716139 (舟場町交差点)
主な
経由都市
山形県米沢市山形市新庄市
秋田県湯沢市横手市大仙市
終点 秋田県秋田市
臨海十字路(北緯39度43分6.81秒 東経140度5分14.22秒 / 北緯39.7185583度 東経140.0872833度 / 39.7185583; 140.0872833 (臨海十字路)
接続する
主な道路
記法
国道4号標識国道4号
国道48号標識国道48号
国道47号標識国道47号
国道46号標識国道46号
国道7号標識国道7号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道13号 起点
福島県福島市 舟場町交差点
国道13号 終点
秋田県秋田市 臨海十字路

概要編集

国道13号は、米沢盆地山形盆地新庄盆地横手盆地を縦断する幹線道路であり、山形県と秋田県内陸部の大動脈の役割を持つ。ほぼ全線でJR東日本奥羽本線が並行する。また、福島・山形の両県内では、整備中の東北中央自動車道それに並行する一般国道自動車専用道路が並行する。秋田県内では、東北中央自動車道に並行する一般国道自動車専用道路と秋田自動車道が並行する。

なお、起点にあたる舟場町交差点の手前には−0.5キロポストが設置されている。これは、福島市中心部において旧来は奥州街道がそのまま国道4号に指定されており、国道13号も奥州街道から分岐していたが、後に福島南バイパスが開通し国道4号の本線となったため、国道13号も福島南バイパスから分岐する形になるよう旧起点から東へ0.5 km延長した名残である。現在でも0 kmにあたる場所は旧起点の福島市本町(市道・奥州街道交点)であり、各キロポスト設置場所の変更も行われていない。

それからおよそ30年後には、終点のほうも国道7号秋田南バイパスの完成で北に延伸。起点・終点ともに近接する旧1級国道のバイパス延伸でずれた歴史を持つ。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および重要な経過地は次のとおり。

歴史編集

国道13号は、江戸時代の羽州街道(福島 - 山形 - 秋田 - 青森)の一部に相当する。

年表編集

  • 1885年明治18年)の内務省告示第6号「國道表」では、羽州街道のうち山形市までが国道39号「東京より山形県に達する路線」(福島まで国道6号〈現国道4号〉と重複)、秋田市までが国道40号「東京より秋田県に達する路線」、残りの青森市までが国道41号「東京より青森県に達する別路線」となった。
  • 1920年大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、旧国道39号、国道40号、国道41号がそのまま国道5号「東京市より青森県庁所在地に達する路線」となった。
  • 1952年昭和27年)12月4日 - 新道路法に基づく路線指定では、秋田 - 青森間は新潟からの国道7号の一部となり、残りの福島県福島市 - 秋田県秋田市間が一級国道13号となった。
  • 1962年(昭和37年)5月1日 - 米沢市万世町7841番の1から山形県最上郡舟形町大字舟形字向屋986番の2まで(山形県東置賜郡赤湯町大字長岡字西田中南630番から同町大字赤湯850番を経て同町大字赤湯字夷平2353の3までを除く。)が指定区間に指定される[4]、国道13号線初の指定区間。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正によって一級・二級の別がなくなり、一般国道13号となった。
  • 1967年(昭和42年)7月31日 - 全線が指定区間となる[5]
  • 1973年(昭和48年)4月17日 - 国道4号福島南バイパス全線開通により、それまで国道4号に指定されていた平和通りが国道13号に指定されるに伴い、起点が本町交差点から東に500 m離れた舟場町交差点に変更される。
  • 2004年平成16年)4月1日 - 秋田南バイパスの全線開通によって国道7号の経路が変更されたことに伴い、旧7号の一部区間を国道13号に編入。終点が秋田市茨島交差点から臨海十字路に変更される。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 上山バイパスに並行している区間5.4 kmが国土交通省管理から山形県管理となり13号から山形県道102号南陽川西線山形県道51号山形上山線に変更になる[6]
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 南陽バイパスに並行している鍋田交差点から鳥上坂Y字交差点までの区間3.5 kmが国土交通省管理から山形県管理となり13号から399号に変更され、これに伴い赤湯バイパスの鍋田交差点から深沼交差点までの区間が13号となり、113号との重複区間になる[7][注釈 6]

路線状況編集

有料道路編集

別名編集

バイパス編集

 
大曲バイパス
秋田県大仙市東川付近

東北中央自動車道編集

重複区間編集

道路施設編集

トンネル編集

過去には秋田県河辺町北野田高野(現・秋田市河辺北野田高野) - 秋田市上北手古野に和田トンネルが存在したが、老朽化とバイパス工事のため埋められて廃止された。[要出典]

道の駅編集

道路情報ラジオ放送区間編集

  • 福島市飯坂町平野(米沢方面)
  • 米沢市万世町梓山(福島方面)

いずれも栗子峠の登り口に当たる区間であり、主に峠区間の気象・路面・工事情報を伝えている。

事前通行規制区間編集

区間 規制内容
福島市飯坂町中野字爼石 - 米沢市万世町刈安字赤浜間 連続雨量180 mm以上の場合通行止
最上郡金山町外沢 - 最上郡真室川町及位間 連続雨量150 mm以上の場合通行止

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

主な峠編集

  • 栗子峠(標高620 m) : 福島県福島市 - 山形県米沢市
  • 主寝坂峠(標高313 m) : 山形県最上郡金山町 - 山形県最上郡真室川町
  • 雄勝峠(標高304 m) : 山形県最上郡真室川町 - 秋田県湯沢市

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年3月22日に湯沢市、雄勝郡稲川町・皆瀬村と合併し、新・湯沢市となる。
  3. ^ 2005年10月1日に横手市・増田町・平鹿町・雄物川町・大森町・山内村・大雄村との合併により、新・横手市となる。
  4. ^ a b 2005年3月22日に大曲市と仙北郡6町1村(神岡町・西仙北町・中仙町・協和町・南外村・仙北町・太田町)が合併し、新・大仙市となる。
  5. ^ a b c d e f 2020年3月31日現在
  6. ^ この区間の国道標識は、13号と113号のものが並べて表示されている。
  7. ^ 南陽バイパスのみ

出典編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年10月30日閲覧。
  2. ^ 路線起点終点調書 (PDF)”. 秋田県. 2019年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況   (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年3月9日閲覧。
  4. ^ 昭和37年政令第185号
  5. ^ 昭和42年政令第219号
  6. ^ “国道13号上山バイパスに並行する現道区間(南陽市川樋地内〜上山市中山地内)が国の管理から山形県の管理になります。” (PDF) (プレスリリース), 山形河川国道事務所・山形県県土整備部, (2015年3月26日), https://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/55554_1.pdf 
  7. ^ “国道13号南陽バイパスに並行する現道区間が国土交通省の管理から山形県の管理になります” (PDF) (プレスリリース), 山形河川国道事務所・山形県置賜総合支庁, (2017年3月29日), https://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/64664_1.pdf 

関連項目編集

外部リンク編集