国道211号

日本の大分県から福岡県に至る一般国道

国道211号(こくどう211ごう)は、大分県日田市から福岡県北九州市八幡西区に至る一般国道である。

一般国道

国道211号標識

国道211号
総延長 55.4 km[注釈 1]
実延長 55.4 km
現道 53.4 km
制定年 1953年指定
起点 大分県日田市
高井町交差点(地図
主な
経由都市
福岡県飯塚市
終点 福岡県北九州市八幡西区
筒井町交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0003.svg国道210号
Japanese National Route Sign 0386.svg国道386号
Japanese National Route Sign 0500.svg国道500号
Japanese National Route Sign 0322.svg国道322号
Japanese National Route Sign 0201.svg国道201号
Japanese National Route Sign 0200.svg国道200号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

年表編集

  • 1953年昭和28年)5月18日
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道211号(日田市 - 北九州市)として指定施行[4]
  • 2003年平成15年)4月1日
    • 北九州市八幡西区馬場山 - 同区引野の北九州市道が国道200号に昇格したのに伴い、従来の重複区間の一部が国道211号の単独区間となり、管理を北九州市に移管[注釈 7]

バイパスとして整備された区間編集

  • 小石原バイパス 東峰村小石原から嘉麻市にかけての嘉麻峠の区間。

路線状況編集

重複区間編集

  • 国道200号(飯塚市 - 北九州市八幡西区馬場山、北九州市八幡西区引野 - 北九州市八幡西区筒井町)
  • 国道386号(日田市)
  • 国道500号(東峰村)

道路施設編集

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

(国道200号重複区間での接続を除く)

編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、この総延長には福岡県が管理する国道200号との重用区間約13km(飯塚市水江交差点-直方市日ノ出橋西交差点間)は含まれていない。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ 2005年3月28日に2村が合併して朝倉郡東峰村発足。
  4. ^ 2006年3月27日に1市3町が合併して嘉麻市発足。
  5. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  6. ^ 1963年2月10日5市が合併して北九州市発足。同年4月1日に政令指定都市に移行して八幡区発足。1974年4月1日分区して八幡西区発足。
  7. ^ 国道200号の指定区間に重複していたが、単独区間として指定区間を解除されたため、都道府県政令指定都市として北九州市に移管。

出典編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 12. 2017年4月16日閲覧。
  3. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  4. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

関連項目編集

外部リンク編集