メインメニューを開く

国道213号

日本の大分県を通る一般国道

国道213号(こくどう213ごう)は、大分県別府市から国東半島沿岸を経由して同県中津市に至る一般国道である。

一般国道
国道213号標識
国道213号
総延長 148.3 km
実延長 112.1 km
現道 111.9 km
制定年 1953年指定
起点 大分県別府市地図
主な
経由都市
大分県国東市
終点 大分県中津市
豊陽交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道10号標識 国道10号
国道212号標識 国道212号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
宇佐市岩崎交差点付近から豊後高田市方面を望む

目次

概要編集

国東半島北部は16本のトンネルが通り、その周辺にも旧国道トンネルが多数存在する。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

路線状況編集

通称編集

  • 杵築沿海路(杵築市、国東市)
  • 武蔵バイパス(国東市)
  • 平和通り(豊後高田市)
  • 恋叶ロード(豊後高田市)

道路施設編集

トンネル編集

  • 新竹田津トンネル
  • 真玉トンネル
  • 国見トンネル 
  • ごうや隧道 
  • 香々地トンネル 
  • 野田トンネル

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2006年3月31日に4町が合併して国東市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集