国道235号

日本の北海道を通る一般国道

国道235号(こくどう235ごう)は、北海道室蘭市から苫小牧市を経て、浦河郡浦河町に至る一般国道である。

一般国道
国道235号標識
国道235号
地図
総延長 256.0 km
実延長 178.7 km
現道 122.3 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 北海道室蘭市北緯42度19分24.77秒 東経140度58分11.63秒 / 北緯42.3235472度 東経140.9698972度 / 42.3235472; 140.9698972
主な
経由都市
北海道苫小牧市
終点 北海道浦河郡浦河町北緯42度9分44.79秒 東経142度46分29.36秒 / 北緯42.1624417度 東経142.7748222度 / 42.1624417; 142.7748222 (大通2丁目交差点)
接続する
主な道路
記法
国道36号標識 国道36号
国道234号標識 国道234号
国道237号標識 国道237号
国道236号標識 国道236号
国道336号標識 国道336号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

概要編集

起点の室蘭市から苫小牧市までは国道36号の重用区間に指定されている。苫小牧市から並走する日高自動車道は国道235号の一部として供用されている。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道235号室蘭浦河線(室蘭市 - 北海道浦河郡浦河町)として指定施行[4]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道235号として指定施行[1]

路線状況編集

通称編集

  • 浦河国道[5]

重複区間編集

  • 国道36号(苫小牧市沼ノ端 - 室蘭市海岸町1丁目(終点))

道路施設編集

主な橋梁編集

  • 浜厚真橋(厚真川、勇払郡厚真町)
  • 沙流川橋(沙流川、沙流郡日高町)
  • 波恵橋(波恵川、日高町)
  • 慶能舞橋(慶能舞川、日高町)
  • 厚賀橋(厚別川、日高町 - 新冠郡新冠町)
  • 新冠橋(新冠川、新冠町)
  • 静内橋(静内川、日高郡新ひだか町)
  • 元静内橋(日高郡新ひだか町)

道の駅編集

国道36号重複区間は除く。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

胆振総合振興局

室蘭市
  • 室蘭市海岸町1丁目(起点)
(国道36号との重複区間は省略)
苫小牧市
勇払郡厚真町
勇払郡むかわ町

日高振興局

沙流郡日高町
新冠郡新冠町
日高郡新ひだか町
浦河郡浦河町

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2006年3月1日に2町が合併して沙流郡日高町発足。
  3. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典編集

参考文献編集

  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 

関連項目編集

外部リンク編集