国道265号

日本の宮崎県から熊本県に至る一般国道

国道265号(こくどう265ごう)は、宮崎県小林市から熊本県阿蘇市に至る一般国道である。

一般国道

国道265号標識

国道265号
地図
Japan National Route 265 (OpenStreetMap).png
総延長 195.2 km
実延長 189.7 km
現道 189.6 km
制定年 1963年(昭和38年)
起点 宮崎県小林市
(本町交差点/地図
主な
経由都市
宮崎県児湯郡西米良村
宮崎県東臼杵郡椎葉村
熊本県上益城郡山都町
熊本県阿蘇郡高森町
終点 熊本県阿蘇市
(内牧温泉入口交差点/地図
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
宮崎県小林市本町
西米良村尾股(村所方面)
西米良村上米良(椎葉村方面)
飯干峠(椎葉村)
椎葉村仲塔地区(上椎葉方面)
五ヶ瀬町・国見トンネル手前

目次

概要編集

山深い南九州を縦断する有数の国道[1]。元々は林道として整備された経緯がある[1]ことから、小林市須木地区中心部以北から宮崎県椎葉村上椎葉地区以南の大部分の区間が未改良で離合困難な狭隘道路となっており、九州酷道の代表格としても有名である[2][3]

椎葉村以北から熊本県山都町の区間は、宮崎県の観光ルートであるひむか神話街道の路線として指定されている。また、熊本県内の区間は、雄大な風景を見ながら阿蘇山周辺をめぐる観光道路で[4]、特に阿蘇の外輪山を抜ける箱石・大戸ノ口・高森の各峠付近は、九州随一の絶景を眺められるところとして知られる[5]

路線データ編集

(右の「表示」を押す)

歴史編集

  • 1963年昭和38年)4月1日
    二級国道265号小林阿蘇線(小林市 - 熊本県阿蘇郡阿蘇町[注釈 3])として指定施行[9]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道265号として指定施行[10]
  • 1975年(昭和50年)度
    国見峠(標高1,178メートル)を回避する国見バイパスの事業開始。
  • 1996年平成8年)8月2日
    国見バイパスが全線開通。

路線状況編集

九州山地の中心を縦断するため狭隘道路が多く、かつて酷道と評された国見峠はトンネルが開通しているが、輝嶺峠、尾股峠、更に飯干峠と未改良の峠越え区間が続く[4]。宮崎県小林市の輝嶺峠区間は、コンクリートで被覆処理された山側の断崖絶壁が続く隘路[11]。児湯郡西米良村の尾股川の渓谷沿いから尾股峠にかけては、国道265号の中でも最も整備状態が悪く、片側の路肩は断崖となる離合困難な狭隘路でカーブも多く、ガードレールが無い区間も多い[11]。東臼杵郡椎葉村の飯干峠区間は、大型車通行止めの1車線の隘路で、離合を行うための退避場所は少なく路肩はもろく弱い[12]

宮崎県小林市街地 - 小林市須木と、五ヶ瀬町 - 熊本県阿蘇市の区間は、峠越えがあるものの概ね2車線道路[13]。椎葉村上椎葉 - 五ヶ瀬町までは一部1車線区間が残る(画像を参照)ものの、バイパス整備が進められており大半が2車線道路に整備されている[14]

バイパス編集

国見バイパス
国見バイパス(くにみバイパス)は、椎葉村 - 五ヶ瀬町間の国見峠を回避する目的で建設されたバイパス道路。バイパスが開通するまで国見峠は国道265号最大の難所として知られ[5]、幅員が3-5メートル程度で大型車の通行ができず、災害時や冬季の積雪で頻繁に全面通行止めとなっていた上に、1980年代時点においても未舗装状態であった[1]ことなどの要因から、酷道と評される[2][15]ほどの区間であった。このため同バイパスの開通は両自治体、特に椎葉村の悲願といえるものであった。
1975年度に事業を開始。1985年度から本格的に工事が開始され、1993年(平成5年)2月8日に国見トンネルの起工式を挙行[16]。1992年度に椎葉村側から、1993年度に五ヶ瀬町側から国見トンネルの採掘を開始。1995年(平成5年)5月19日に貫通し、1996年(平成8年)8月2日に全線開通した。
全長は6,650メートル。そのうち国見トンネルは全長2,777メートル(椎葉村側が1,695メートル、五ヶ瀬町側が1,082メートル)で、一般道のトンネルとしては当時九州一の長さであった[17]。幅員は6(8.5)メートル、高さは4.5メートル。NATM工法で建設され、標高700メートル付近を貫く。総事業費は約140億円でそのうち約70億円が国見トンネルに費やされた。事業中の1995年にはトンネル内でのAMラジオの再送信が検討されたものの、「ラジオが受信できない」との理由で見送られている[18]
当バイパスの全通により、40分(19.4キロメートル)掛かった国見峠の区間を10分程度で走行できるようになった。また、椎葉村から五ヶ瀬町への所要時間も1時間50分から1時間20分と30分短縮され、同村中心部の生徒は自宅から高等学校へ通学できるようになった[19]
  • 中椎葉バイパス:2007年(平成18年)開通
  • 軍谷バイパス
  • 下椎葉拡幅:2008年(平成19年)開通
  • 鹿野遊バイパス
  • 上椎葉バイパス

重複区間編集

道路施設編集

トンネル編集

起点から
宮崎県[20]
  • 新軍谷隧道:延長1087m、1972年(昭和47年)竣工、小林市
  • やまびこトンネル:延長258m、2002年(平成14年)竣工、西米良村
  • 竹原トンネル:延長448m、2006年(平成18年)竣工、西米良村
  • 若宮トンネル:延長300m、1991年(平成3年)竣工、椎葉村
  • 針金橋トンネル:延長90m、1990年(平成2年)、椎葉村
  • 佐礼隧道:延長69m、1973年(昭和48年)竣工、高さ制限3.6m、椎葉村
  • 中椎葉トンネル:延長878m、2006年(平成18年)竣工、椎葉村
  • 中椎葉第1隧道:延長80m、1972年(昭和47年)椎葉村
  • 下椎葉第二隧道:延長41.2m、1971年(昭和46年)竣工、椎葉村
  • 下椎葉第1隧道:延長282m、1972年(昭和47年)竣工、椎葉村
  • 音ヶ瀬トンネル:延長159m、2006年(平成18年)竣工、椎葉村
  • 鹿野遊トンネル:延長374m、2003年(平成15年)竣工、椎葉村
  • 国見トンネル:延長2777m、1996年(平成8年)竣工、椎葉村 - 五ヶ瀬町
熊本県[21]
  • 二瀬本隧道:延長392m、山都町
  • 笹尾隧道:延長93m、1982年(昭和57年)竣工、山都町
  • 高森峠隧道:延長589m、1975年(昭和50年)竣工、山都町 - 高森町
  • 高森9号隧道:延長54m、1978年(昭和53年)竣工、高森町
  • 高森8号隧道:延長58.5m、1987年(昭和59年)竣工、高森町
  • 高森7号隧道:延長56m、1981年(昭和56年)竣工、高森町
  • 高森6号隧道:延長100m、1982年(昭和57年)竣工、高森町
  • 高森5号隧道:延長160m、1981年(昭和56年)竣工、高森町
  • 高森4号隧道:延長102m、1979年(昭和54年)竣工、高森町
  • 高森3号隧道:延長88m、1976年(昭和51年)竣工、高森町
  • 内山トンネル:延長72m、1987年(昭和62年)竣工、高森町
  • 起雲山トンネル:延長91m、1985年(昭和60年)竣工、高森町

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 交差場所
国道221号
国道268号
宮崎県 小林市 本町交差点 / 起点
宮崎県道410号木浦木小林停車場線 大手橋交差点
宮崎県道401号佐木高岡線 須木大字奈佐木(下奈佐木地区)
宮崎県道26号 須木大字下田(桑原谷地区)
宮崎県道・熊本県道143号中河間多良木線 須木大字中原(中河間地区)
熊本県道・宮崎県道144号槻木田代八重線 須木大字中原(田代八重地区)
宮崎県道360号田代八重綾線 須木大字中原(田代八重地区)
国道219号 重複区間 児湯郡 西米良村 大字板谷(鶴瀬地区)
村所交差点
国道388号 重複区間
国道446号 重複区間
東臼杵郡 椎葉村 大字大河内(城地区)
大字大河内(吐合地区)
宮崎県道・熊本県道142号上椎葉湯前線 大字下福良(上椎葉地区)
国道327号 重複区間起点 大字下福良(下椎葉地区)
宮崎県道202号鞍岡赤谷線 西臼杵郡 五ヶ瀬町 五ヶ瀬町祇園町交差点
国道327号 重複区間終点 熊本県 上益城郡 山都町 山都町馬見原交差点
国道218号 重複区間
山都町滝上交差点
熊本県道151号清和高森線 菅尾(菅尾地区)
宮崎県道・熊本県道141号河内矢部線 柏(溜淵地区)
国道325号 重複区間 山都町柳交差点
阿蘇郡 高森町 大字高森(村山地区)
熊本県道・大分県道135号高森竹田線 阿蘇市 波野大字中江(大戸ノ口)
熊本県道214号小地野永谷線 波野大字波野
熊本県道217号河原新波野線 波野大字波野(左谷地区)
国道57号 重複区間起点
熊本県道213号内牧坂梨線
一の宮町坂梨交差点
大分県道・熊本県道11号別府一の宮線 宮地駅前交差点
国道57号 重複区間終点
国道212号
牧温泉入口交差点 / 終点

交差する鉄道編集

路線付近の標高編集

 
高低図(横軸は起点からの路線距離[注釈 5]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c 2005年2月11日、阿蘇町・一の宮町・波野村の2町1村が合併して阿蘇市が発足。
  4. ^ 2005年2月11日、矢部町・蘇陽町・清和村の2町1村が合併して上益城郡山都町が発足。
  5. ^ 起点からの直線距離ではない。

出典編集

  1. ^ a b c 「一般国道265号・国見峠の項目」『宮崎県大百科事典』 宮崎日日新聞社、1983年
  2. ^ a b ツーリングマップルR 九州・沖縄』(昭文社、2007年1版1刷 ISBN 978-4-398-65707-7)では、国見トンネルの開通まで国道265号であった国見峠(椎葉村 - 五ヶ瀬町)を、「酷道」と表現している。また、『ドライブベストコース100(九州)』(昭文社、1996年4月 ISBN 978-4398223739)では、椎葉村 - 五ヶ瀬町のルートとして国道503号の飯干峠経由のルートを推奨したうえで、国道265号を「マニア向け」と表現している。
  3. ^ 「酷道」を扱ったムック本『酷道をゆく』(イカロス出版、2008年2月 ISBN 978-4863200258)にも紹介されている。
  4. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 71.
  5. ^ a b 松波成行 2008, p. 50.
  6. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 26. 2017年4月28日閲覧。
  7. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年6月7日閲覧。
  8. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年6月7日閲覧。
  9. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  10. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  11. ^ a b 渡辺郁麻 2008, p. 53.
  12. ^ 渡辺郁麻 2008, p. 52.
  13. ^ 渡辺郁麻 2008, pp. 51,53.
  14. ^ 九州地方整備局の走りやすさナビにおいても、最低ランクの「D」とされていない。
  15. ^ 西日本新聞 宮崎版: p. 21. (1995年5月21日) 
  16. ^ 宮崎日日新聞: p. 3. (1993年2月9日) 
  17. ^ 後に鹿児島県道561号の国見トンネル(肝付町)が最長となり、現在は国道267号久七トンネル伊佐市-人吉市間)が一般道としては最長となる。
  18. ^ 夕刊デイリー新聞: p. 1. (1995年5月23日) 
  19. ^ 椎葉村教育委員会 『椎葉村社会科副読本』、1999年、86頁。
  20. ^ 【宮崎県】トンネル維持管理計画(短期計画) (PDF)”. 宮崎県におけるトンネルの維持管理について. 宮崎県県土整備部道路保全課 (2015年11月25日). 2016年1月11日閲覧。
  21. ^ 熊本道路トンネルリスト【一般国道】” (2008年9月15日). 2016年1月11日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集