メインメニューを開く

国道303号

日本の岐阜県から福井県に至る一般国道

国道303号(こくどう303ごう)は、岐阜県岐阜市から福井県三方上中郡若狭町に至る一般国道である。

一般国道
国道303号標識
国道303号
地図
総延長 133.0 km
実延長 108.9 km
現道 094.6 km
制定年 1970年
起点 岐阜県岐阜市
神田町5丁目交差点(地図
主な
経由都市
岐阜県本巣郡北方町本巣市
揖斐郡揖斐川町
滋賀県長浜市高島市
終点 福井県三方上中郡若狭町
三宅交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道157号標識 国道157号
国道417号標識 国道417号
国道365号標識 国道365号
国道8号標識 国道8号
国道161号標識 国道161号
国道367号標識 国道367号
国道27号標識 国道27号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道303号 起点
岐阜県岐阜市 神田町5丁目交差点
(国道256号 起点)
国道303号 終点
三方上中郡若狭町 三宅交差点付近
2013年9月

概要編集

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

 
下流から見た揖斐川奥いび湖に懸かる国道303号の奥いび湖大橋(岐阜県揖斐郡揖斐川町、2011年6月16日開通)
  • 1970年昭和45年)4月1日 - 一般国道303号(岐阜市 - 福井県遠敷郡上中町)として指定施行[4]
  • 2001年平成13年)4月26日 八草トンネルが開通[5]
  • 2008年(平成20年)11月14日 川上・八草バイパスが全線開通。
  • 2011年(平成23年)6月16日 - 岐阜県揖斐川町の横山ダム(奥いび湖)に懸かる奥いび湖大橋が開通。これにより全線が最低でも2車線で結ばれることになる(ただし、従来の国道(旧道)は横山ダムの堤体上を通過するように道路の用に供されており、そのときも実質2車線での通行は可能であった。しかし、河川管理上、防災上等諸々の理由により大変問題があるとして、道路管理者である岐阜県ではなく、河川管理者である国土交通省中部地方整備局(横山ダム工事事務所(当時))により、バイパスとして奥いび湖大橋と前後の取り付け道路が整備された上で、奥いび湖大橋開通後に横山ダムの堤体上は一般の交通ができないよう閉鎖されたという経緯がある。)。

路線状況編集

かつては八草峠をはじめとして狭隘区間が多かったが、現在はバイパス道路トンネル建設による改良が進んでおり、通行の困難性は解消されつつある。岐阜県揖斐郡揖斐川町 - 滋賀県長浜市木之本町の川上・八草バイパス、金居原バイパスも2008年(平成20年)11月14日に全線開通した。

通称編集

  • 鯖街道、若狭街道(国道367号重複区間)
  • 忠節橋通り(岐阜市・国道157号重複区間)
  • 岐阜東西通り(岐阜市・国道157号重複区間)
  • 西美濃ナツツバキ街道(本巣市、揖斐川町)

岐阜市から本巣市までの区間は国道157号と重複しているが、当初は国道303号として単独に指定されていたので、「303(さんまるさん)」と呼ばれることも多い[要出典]

バイパス道路編集

 
湖北バイパス
滋賀県高島市マキノ町
国道161号との重複

重複区間編集

 
国道8号との重複
滋賀県長浜市西浅井町
  • 国道157号(岐阜市徹明町(神田町5交差点) - 本巣市三橋交差点)
  • 国道417号(揖斐川町三輪 - 揖斐川町東横山)
  • 国道365号(長浜市木之本町田部 田部東交差点 - 長浜市木之本町黒田 木之本IC口交差点)
  • 国道8号(長浜市木之本町千田 千田北交差点 - 長浜市西浅井町塩津浜 塩津浜交差点)
  • 国道161号(高島市マキノ町野口 - 高島市今津町弘川 弘川交差点)(湖北バイパス
  • 国道367号(高島市今津町保坂 保坂交差点 - 若狭町三宅交差点)

道路施設編集

道の駅編集

交通量編集

24時間交通量(平成27年度道路交通センサス)

  • 岐阜県
    • 揖斐郡大野町相羽:13,061
  • 滋賀県
    • 長浜市西浅井町八田部:8,689
    • 高島市今津町杉山:7,699
  • 福井県
    • 三方上中郡若狭町熊川:7,379

とくに滋賀県高島市今津町弘川から福井県三方上中郡若狭町三宅にかけては交通量が比較的多く、京都・大津方面から小浜方面への主要ルートのひとつとなっている。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

主な峠編集

  • 八草峠(岐阜県揖斐川町 - 滋賀県長浜市)
    • 2001年(平成13年)4月26日に八草トンネルが開通。旧道は落石や道路欠損のため通年通行不可。
  • 万路越(滋賀県長浜市 - 滋賀県高島市)
    • 1984年(昭和59年)7月に峠のやや北に奥琵琶トンネルが開通。この峠はそれまで道路が通されたことがなく通年通行不可[注釈 8]
  • 七里半越(滋賀県高島市)
  • 水坂峠(滋賀県高島市)
    • 1985年(昭和60年)6月18日に水坂トンネルが開通。旧道は期間を定めた冬季閉鎖を行っておらず通年通行可能だが、突然の大雪の際に閉鎖されることもある。
  • 寒風峠(滋賀県高島市)
    • 1980年(昭和55年)度下半期に寒風トンネルが開通。旧道は廃道のため通行不可。路肩や法面も一部崩壊しており立ち入るのも危険である。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年3月31日に、三方郡三方町遠敷郡上中町の2町が合併して、三方上中郡若狭町発足。
  3. ^ 2004年2月1日に、本巣郡本巣町真正町糸貫町根尾村の2町1村が合併して、本巣市発足。
  4. ^ a b 2005年1月31日に、揖斐郡揖斐川町・谷汲村久瀬村春日村坂内村藤橋村の1町5村が合併して、新・揖斐川町が発足。
  5. ^ a b 2010年1月1日に東浅井郡虎姫町湖北町伊香郡高月町木之本町余呉町西浅井町の6町を長浜市を編入。
  6. ^ a b 2005年1月1日に、高島郡マキノ町今津町新旭町安曇川町高島町の5町が合併して、高島市発足。
  7. ^ a b c d e f g 2016年4月1日現在
  8. ^ この区間の旧道は関連項目にある海津大崎経由である。

出典編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 道路統計年報2017 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況を参照”. 道路統計年報2017. 国土交通省道路局. p. 16. 2018年2月1日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年2月12日閲覧。
  4. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和44年12月4日政令第280号)
  5. ^ 全日本建設技術協会滋賀県支部・滋賀県建設技術協会・滋賀県特別会員支会 (2013-03) (PDF). 滋賀県土木百年表続編(昭和47年度~平成24年度). 滋賀県建設技術センター. p. 70. http://www.sct.or.jp/history/doboku02/doboku02.pdf. 

関連項目編集

外部リンク編集