国道31号

日本の広島県を通る一般国道

国道31号(こくどう31ごう)は、広島県安芸郡海田町から広島県呉市へ至る一般国道である。

一般国道

国道31号標識

国道31号
地図
Japan National Route 31 Map.png
総延長 35.5 km
実延長 35.5 km
現道 35.5 km
制定年 1887年
起点 広島県安芸郡海田町
大正交差点(地図
主な
経由都市
広島県広島市、安芸郡坂町
終点 広島県呉市
本通2丁目交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0487.svg国道487号
Japanese National Route Sign 0185.svg国道185号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
大正交差点、31号の起点、呉方面を撮影(広島県海田町)
昭和橋東詰、東方面を撮影(広島県呉市)
広島県呉市 本通二丁目交差点(終点)

目次

概要編集

歴史編集

海田と呉とを結ぶ国道の起源は、1887年(明治20年)7月8日に「國道表」に追加された国道46号「東京より呉鎮守府に達する路線」である。この路線は、現1号・2号を経由し、海田で分岐して呉に至るもので、海田以降は今日の31号と同じルートである。同時に、各地の鎮守府(横須賀、佐世保)に至る道路が国道に編入されている。

1920年(大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、旧46号がそのまま国道32号「東京市より呉鎮守府所在地(呉市)に達する路線」となった。

1952年(昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、旧32号は一級国道31号(広島県安芸郡海田市町(現 安芸郡海田町) - 広島県呉市)として指定された。1965年4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道31号となった。

かつて安芸郡坂町から呉市天応町にかけて「中央線変移区間」が設けられ3車線の道路となっており、中央の車線は午前は広島方面、午後は呉方面の車が通行するように設定されていたが、現在では廃止され同区間は片側1車線の道路となっている。同区間に複数ある、「駐車禁止」や「制限速度50」の幕式可変標識が取り付けられている門型の構造物は当時の名残であり、当時はこの可変表示機に「中央線↓」「ここから(2)車線」などの表示がなされていた。

路線状況編集

有料道路編集

重複区間編集

  • 国道487号(呉市 本通二丁目交差点 - 本通一丁目交差点)[1]

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

観測地点 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
坂町平成ケ浜1丁目 29497 23452
坂町北新地2丁目 27874 18433
坂町小屋浦1丁目 25390 11146
呉市三条1丁目 24150 15403

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

平成22年度の調査において、並行する広島呉道路では全線で高速道路無料化社会実験が行われていた。

地理編集

通過する自治体編集

接続路線編集

一般国道編集

  • 広島県

県道編集

その他編集

  • 広島出身の吉川晃司は、この路線にちなんだ「ROUTE31」という曲を歌っている[3]
  • かつてこの路線の下には太田川流域の戸坂浄水場から呉市へ上水を送る水道管が通っていた。これは戦中に整備された軍用水道「呉鎮守府水道」を起源とするもので1980年代まで利用されていたが老朽化に伴い廃止されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 44-45、「国道の名所を行く/国道の始まる場所」より
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 3. 2017年5月6日閲覧。
  3. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 239、「生まれ故郷の歌」より。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集