国道332号

日本の沖縄県を通る一般国道
一般国道

Japanese National Route Sign 0332.svg

国道332号
総延長 3.9 km
実延長 3.0 km
現道 3.0 km
制定年 1972年
起点 沖縄県那覇市那覇空港
地図
終点 沖縄県那覇市
明治橋地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道332号(こくどう332ごう)は沖縄県那覇市那覇空港と那覇市内の明治橋とを結ぶ一般国道である。

目次

概要編集

那覇市の那覇空港ターミナル前に位置する空港南口交差点から、同市の国道58号終点でもある明治橋とを結ぶ、延長約3.9 kmの一般国道の路線で、いわゆる港国道の一つ[1]。実延長3.0 kmの単独区間は、那覇空港から国道331号交点までで、路線の途中に位置する那覇市垣花町の垣花交差点から終点・明治橋までは、国道331号との重用区間である。

2006年から那覇空港の新ターミナルから延びる道路が国道の路線に追加指定された際に、2009年までの約3年間は旧ターミナルからの道路と併せて、地図上では起点が2箇所ある変則的で珍しい二股の国道路線であった[1]

路線データ編集

歴史編集

  • 1953年昭和28年):軍道7号線として指定される(のちに那覇空港 - 那覇軍港入口が政府道となる)
  • 1972年(昭和47年)5月15日:本土復帰と同時に軍道7号線のうち那覇軍港入口 - 垣花交差点、政府道7号線のうち那覇空港 - 那覇軍港入口が国道332号として指定(指定された区間は那覇空港 - 那覇市通堂町3丁目)。
  • 1983年(昭和58年)
    • 12月:奥武山公園前の国道331号から、糸満・那覇空港方面のみ(一方通行で途中で分岐)の山下立体高架橋が開通。
    • 4月1日:終点が那覇市垣花町となる。
  • 2006年(平成18年)4月:那覇空港旧国内線ターミナル前 - 現国内線ターミナル前の沖縄県道231号那覇空港線が国道に昇格され、本路線に編入される。そのため起点が事実上2か所存在することになった(法令上の起点は従来の旧国際線ターミナル跡前)[1]
  • 2009年(平成21年)
    • 5月27日:現国内線ターミナル前の起点を法令上の起点とする政令の改正が公布された。すなわち従来の起点である「那覇市字鏡水崎原307番」が、政令の改正後は「那覇市字安次嶺那崎原526番3」とされた。これにより起点が2つ存在する状態は解消された。なお、この政令(一般国道の指定区間を指定する政令[3])の施行日は2009年6月1日である[4]
    • 7月10日:旧国内線ターミナル前 - 空港入口交差点の国道332号旧道部分が、午前6時に通行止めにされ、廃道となる[5]

路線状況編集

別名・愛称編集

  • 那覇空港通り(単に空港通りと呼ぶ場合もある。ただし、沖縄市にも空港通りと呼ばれる路線有)

重複区間編集

  • 国道331号(垣花交差点 - 明治橋南詰)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

路線バス編集

  • 23番・具志川線(琉球バス交通
  • 25番・普天間空港線(那覇バス
  • 26番・宜野湾空港線(琉球バス交通) 
  • 99番・天久新都心線(琉球バス交通) 
  • 111番・高速バス(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス共同運行)
  • 113番・具志川空港線(琉球バス交通) 
  • 120番・名護西空港線(琉球バス交通・沖縄バス共同運行) 
  • 123番・石川空港線(琉球バス交通) 
  • 空港リムジンバス全路線(沖縄バス・東陽バス共同運行)
  • エアポートライナー全路線(琉球バス交通)

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集