国道443号

日本の福岡県から熊本県に至る一般国道

国道443号(こくどう443ごう)は、福岡県大川市から熊本県八代郡氷川町に至る一般国道[1]。平野部に交通量の多い区間がある。熊本県の山沿い地方の一部に自動車同士のすれ違い困難の箇所があるが、殆どの区間が道路を拡幅、改良されている。起点から福岡県柳川市までは国道208号と重複しているため、単独となる起点は柳川市である。柳川市と同県みやま市の間は戦前から舗装道路になるなど、古くからの主要区間でもある。

一般国道

Japanese National Route Sign 0443.svg

国道443号
総延長 132.3 km
実延長 098.9 km
現道 090.5 km
起点 福岡県大川市
しげあみ交差点(地図
主な
経由都市
福岡県みやま市
熊本県玉名郡南関町
終点 熊本県八代郡氷川町
氷川町宮原交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0208.svg国道208号

Japanese National Route Sign 0209.svg国道209号
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
Japanese National Route Sign 0325.svg国道325号
Japanese National Route Sign 0057.svg国道57号
Japanese National Route Sign 0387.svg国道387号
Japanese National Route Sign 0445.svg国道445号
Japanese National Route Sign 0218.svg国道218号

テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
熊本県益城町

目次

概要編集

歴史編集

  • 1982年4月1日 一般国道443号(福岡県大川市 - 熊本県山鹿市)として指定される。福岡・熊本県道6号柳川南関線及び福岡・熊本県道5号大牟田山鹿線の一部(熊本県南関町- 山鹿市の区間のみ)を統合して国道指定したものである。
  • 1993年4月1日 熊本県山鹿市 - 熊本県八代郡宮原町(現:八代郡氷川町)を編入し、区間が福岡県大川市 - 熊本県八代郡宮原町となる。追加指定された区間の旧県道路線は次のとおり。
    • 菊池郡大津町の一部:熊本県道36号熊本益城大津線
    • 菊池郡大津町から上益城郡甲佐町まで:熊本県道19号大津甲佐線
    • 上益城郡甲佐町から八代郡宮原町まで:熊本県道20号宮原甲佐線

路線状況編集

バイパス編集

  • 三橋瀬高バイパス 柳川市大和町徳益からみやま市瀬高町小川までのバイパス。国道208号バイパスである地域高規格道路有明海沿岸道路を起点とする。終点で右折すると現道の南関方面であるが、直進すると福岡県道775号本吉小川線バイパスを経由して九州自動車道みやま柳川インターチェンジに接続する。
  • 山川バイパス みやま市山川町清水から山川町甲田までのバイパス。延長4310m。

重複区間編集

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

(重複区間内での接続を除く)

福岡県

熊本県

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集