国道46号

日本の岩手県から秋田県に至る一般国道
一般国道
国道46号標識
国道46号
地図
Japan National Route 46 Map.png
総延長 109.8 km
実延長 101.8 km
現道 87.6 km
制定年 1953年
起点 岩手県盛岡市
NHK前交差点(地図
主な
経由都市
秋田県仙北市大仙市
終点 秋田県秋田市
臨海十字路(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0341.svg国道341号
Japanese National Route Sign 0105.svg国道105号
Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0007.svg国道7号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道46号(こくどう46ごう)は、岩手県盛岡市から秋田県秋田市へ至る一般国道奥羽山脈を横断し、秋田県と岩手県の県庁所在地を結ぶ重要路線。

目次

概要編集

歴史編集

  • 1953年5月18日 二級国道105号秋田盛岡線(秋田県秋田市 - 岩手県盛岡市)
  • 1963年4月1日 一級国道46号(岩手県盛岡市 - 秋田県秋田市) - 105号を昇格。105号は大曲市 - 大館市に。
  • 1965年4月1日 一般国道46号(岩手県盛岡市 - 秋田県秋田市)
  • 2012年12月 2012年12月2日に起きた笹子トンネル天井板落下事故に伴い、仙岩トンネルが笹子トンネルと同構造の天井板が設置されているため緊急点検の対象となった。国土交通省の発表によると、吊り金具が約2,500本中1本、両端支持金具が約2,500本中2本欠落していることが判明し、即時補充された。また、天井板約13,000枚中7枚に劣化が見付かったため、合板を仮設置して応急処置し、代替の天井板を入手次第交換するとしている。
  • 2013年11月 - 12月10日 天井板撤去工事のため、仙岩道路が夜間全面通行止めになる。
  • 2017年4月1日 盛岡西バイパスに並行する現道(NHK前交差点~西バイパス西口)が岩手県道・秋田県道1号盛岡横手線や盛岡市道に格下げされ、バイパスから国道4号の間の岩手県道36号上米内湯沢線が国道46号として編入される予定。これに伴って起点も変更される。[2]

路線状況編集

大型長距離トラック・トレーラーの通行が昼夜を問わず多い。県境の仙岩トンネル付近は急勾配・急カーブが連続し、冬期間は積雪・凍結する為にスリップ・正面衝突事故に加え、雪崩や土砂崩れが発生することがある。

バイパス編集

別名編集

重複区間編集

  • 国道341号:秋田県仙北市田沢湖生保内字野中(野中交差点) - 秋田県大仙市協和境字岸館(上淀川交差点)
  • 国道105号:秋田県仙北市田沢湖小松字山崎(本町交差点) - 秋田県仙北市田沢湖小松字城廻(城廻交差点)
  • 国道13号:大仙市協和境字岸館(上淀川交差点) - 秋田県秋田市川尻町字大川反(臨海十字路・終点)

道の駅編集

岩手県

秋田県

路側放送区間編集

岩手県

  • 雫石町(国土交通省)

秋田県

  • 仙北市田沢湖刺巻(国土交通省)

雫石町の区間と仙北市の区間では、共に仙岩峠の道路情報が放送される。

地理編集

通過する自治体編集

接続路線編集

※バイパスのうち、盛岡西バイパスを除く(当該記事を参照)。

一般国道・高速道路編集

  • 岩手県
  • 秋田県
    • 国道341号(仙北市・野中交差点 - (重複)- 仙北市・羽根ヶ台、仙北市・月見堂 - (重複)- 大仙市・上淀川交差点)
    • 国道105号(仙北市・本町交差点 -(重複)- 城廻交差点)
    • 国道13号(※大曲方面へ国道341号と重複)(大仙市・上淀川交差点 -(重複)- 秋田市・臨海十字路終点)
    • 秋田自動車道秋田南IC(秋田市)
    • 国道7号(秋田市・臨海十字路終点)

県道編集

主な峠編集

  • 仙岩峠(標高530m):岩手県岩手郡雫石町 - 秋田県仙北市
  • 細越(標高160m):秋田県仙北市 - 秋田県大仙市

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f 2014年4月1日現在

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集