メインメニューを開く

国道486号

日本の岡山県から広島県に至る一般国道

概要編集

路線データ編集

歴史編集

1993年平成5年)に県道から国道に昇格した路線で、岡山県道24号倉敷総社線(岡山県道24号倉敷清音線の前身)の一部、岡山県道25号倉敷井原線、広島県道181号下御領新市線バイパス、広島県道24号福山上下線(広島県道24号府中上下線の前身)の一部、広島県道49号府中御調線、広島県道50号本郷御調線(広島県道50号本郷久井線の前身)の一部、広島県道25号三原東城線の一部、広島県道345号上徳良久井線の一部、広島県道60号久井福富線(広島県道60号大和福富線の前身)の一部、広島県道29号吉田大和線(広島県道29号吉田豊栄線の前身)の一部をもって成立[1]

広島県東広島市の国道2号現道が西条バイパスに移行後は、その旧道の一部も引き継ぎ、現在に至る。

年表編集

  • 1992年(平成4年)4月3日
    • 政令104号により岡山県総社市 - 広島県東広島市間の路線制定が決定[1]
  • 1993年(平成5年)4月1日
    • 一般国道486号として路線制定施行[1]

路線状況編集

国道昇格以前より改良が進められていたこともあり、幅員 5.5 m 以上の区間の割合を示す改良率は高めであるものの、改良区間のうち混雑度が1.0未満の延長の割合を示す整備率は、

  • 岡山県区間 31.4 km のうち、改良済延長は 31.4 km で改良率は 100 %、整備済延長は 12.3 km で整備率 39.2 % [3]
  • 広島県区間 77.1 km のうち、改良済延長は 73.4 km で改良率は 95.2 %、整備済延長は 53.0 km で整備率 68.8 % [3]

となっており、岡山県では整備率が低い。

通称編集

 
旧2号線区間 (東広島市西条町寺家付近)
  • 産業道路 (広島県福山市、府中市)
    • 産業道路駅家神辺線[4][5](福山市の神辺町 - 駅家町区間)
    • 府中産業道路(府中市の市街区間)
  • 旧2号線 (広島県東広島市)

バイパス編集

重用区間編集

  • 国道313号 (岡山県井原市井原町 「薬師交差点」 - 広島県福山市神辺町大字下御領 「湯野入口交差点」)
  • 国道375号 (広島県東広島市豊栄町清武 「清武交差点」 - 広島県東広島市西条町御薗宇「円城寺入口交差点」)

道路施設編集

道の駅編集

主な構造物編集

  • 新川辺橋 (岡山県総社市清音 - 倉敷市真備町)
  • 川辺高架橋 (岡山県倉敷市真備町)
    • 延長 178 m、幅員 7.0 m [8]
  • 井原大橋 (岡山県井原市)

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

観測地点 平成22(2010)年度
福山市神辺町新徳田1丁目 21278
福山市神辺町十三軒屋 30126
福山市新市町新市 19603
府中市父石町 18771
府中市三郎丸町 9736
尾道市御調町貝ケ原 10768
三原市八幡町宮内 4398
三原市久井町坂井原 2718
三原市大和町和木 3748
東広島市西条町寺家 19736
東広島市八本松町飯田 17605

(出典:「平成22年度道路交通センサス」[9]国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理編集

通過する自治体編集

接続する主な道路編集

  • 国道180号 (岡山県総社市・溝口交差点)
  • 国道313号 (岡山県井原市・薬師交差点 - 広島県福山市神辺町・湯野入口交差点)
  • 国道182号 (広島県福山市神辺町・十九軒屋北交差点)
  • E54 尾道自動車道尾道北IC (広島県尾道市・岩根交差点)
  • 国道184号 (広島県尾道市御調町・大田交差点)
  • E2 山陽自動車道三原久井IC(広島県三原市・三原インター入口交差点)
  • 広島中央フライトロード大和南IC (広島県三原市大和町・大和南インター入口交差点)
  • 国道432号 (広島県三原市大和町・和木交差点)
  • 国道375号 (広島県東広島市・清武交差点 - 同・円城寺入口交差点)
  • E2 山陽自動車道西条IC(広島県東広島市・西条インター入口交差点)
  • 国道2号 (広島県東広島市・溝迫交差点)

並行する鉄道編集

並行する河川編集

並行する旧街道編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(Wikisource) で示されている自治体のうち、市町村合併による消滅自治体は省略および合併後の自治体名で記載。
  2. ^ a b c d e f 2015年4月1日現在
  3. ^ 道路実延長における歩道設置延長。
  4. ^ a b c ( )内は河川の流れる方向に基づき表記。

出典編集

  1. ^ a b c d 「国・県道一覧表」(平成23年4月1日版) (PDF)『広島県ホームページ』、広島県庁、2013年2月5日閲覧。
  2. ^ 府中市統計要覧(平成25年度版) (PDF)』府中市総務部企画財政課、府中市役所、2014年3月、2頁。2014年8月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 27. 2017年4月15日閲覧。
  4. ^ “未来の神辺像”. 広報かんなべ(No.240 昭和49年4月号) (深安郡神辺町役場): p. 16. (1974年4月) 
  5. ^ 「神辺の未来像」『のびゆく かんなべ』、神辺町商工観光課(深安郡神辺町役場)、1972年、 26頁。
  6. ^ 平成28年定期第19号(告示第129号) (PDF)”. 広島県報. 広島県庁 (2016年3月7日). 2016年4月14日閲覧。
  7. ^ “道の駅びんご府中22日オープン 木工のまちアピールし活性化図る”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2016年10月18日). オリジナルの2016年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161104005710/http://www.sanyonews.jp/sp/article/432956/1 2016年11月2日閲覧。 
  8. ^ a b c 「岡山県統計年報」、岡山県庁総合政策局統計調査課、平成22年版(表92)、2013年3月8日閲覧。
  9. ^ 平成22年度道路交通センサス

関連項目編集

外部リンク編集