メインメニューを開く
クモエ21001
クモエ21800

クモエ21形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した旧形電車である。

概要編集

車体長17m級の半鋼製事業用制御電動車救援車)に与えられた形式で、1963年(昭和38年)から1970年(昭和45年)にかけてクモハ11形の改造により10両が製作された。改造種車の出自により2系統に分かれるが、配置区の事情に応じて形態の個体差が大きい。

クモエ21000 - 003, 005
クモハ11形100・150番台の改造車。詳細は国鉄30系電車#救援車への改造を参照。
クモエ21004, 006 - 009
クモハ11形200番台の改造車。詳細は国鉄31系電車#救援車への改造を参照。
クモエ21800
クモエ21008を1975年(昭和50年)に低屋根改造したもの。分割民営化直前に廃車となったが、JR東海で保存されて佐久間レールパークにて展示された後、解体された。

関連項目編集