国鉄シキ290形貨車

国鉄シキ290形貨車(こくてつシキ290がたかしゃ)は、1960年(昭和35年)8月4日と1964年(昭和39年)6月1日に日本車輌製造支店でそれぞれ1両ずつ製作された大物車である。先に製作されたシキ290の方は梁の交換により80 トン積み低床式、115 トン積み分割落し込み式、165 トン積み吊り掛け式のいずれかとして使用することができた。日本の大物車の中でA梁、B梁、C梁の3種類の梁を装備できる車は本車(シキ290)及びシキ120(シキ120形)の2車のみである。後に製作されたシキ291の方は、分割落し込み式のみで使用された。車籍は当初日本国有鉄道で、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化に際しては、日本貨物鉄道(JR貨物)に継承された。

国鉄シキ290形貨車
基本情報
車種 大物車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 明電舎(シキ290)
高岳製作所(シキ291)
製造所 日本車輌製造
製造年 1960年(昭和35年)
製造数 2
消滅 2004年(平成16年)
常備駅 大崎駅沼津駅(シキ290)
小山駅(シキ291)
主要諸元
車体色 +黄1号
軌間 1,067
全長 33,420 mm(A)、26,930 mm(B)、33,220 mm(C)
全幅 2,100 mm(A)、2,606 mm(B)、2,700 mm(C)
全高 2,480 mm(A)、3,359 mm(B)、3,445 mm(C)
荷重 80 t(A)、170 t(B)、115 t(C)
自重 72.1 t(A)、49.4 t(B)、66.5 t(C)
換算両数 積車 13.0(A)、17.0(B)、14.5(C)、13.5(シキ291)
換算両数 空車 7.0(A)、5.0(B)、6.5(C)、5.5(シキ291)
台車 NC-3B×8
最高速度 積車時は本文参照、空車時65
テンプレートを表示

低床式梁はシキ290Aと称している。車体長は32,650 mm(改造後32,520mm)で、低床部の長さは5,000 mm、低床部のレール面上高さは780 mmである。車体は溶接構造である。台車ベッテンドルフ式2軸ボギー台車NC-3B形を8台備えた、2-2-2-2-2-2-2-2軸複式ボギー(合計16軸)である。2軸台車8台の構成は、日本の低床式大物車では唯一のものである。空気ブレーキは手動で積空切り替えを行うASD方式のものであった。運転速度は積車時45 km/h、空車時65 km/hである。連結器は台車上枠に装備されている。枕枠より下部の走行部分は落し込み式と共用しているが、荷受枠を枕枠に載せる心皿は2箇所あり、曲線での偏倚量減少のために低床式のときは中央側の心皿を使用していた。

落し込み式梁は、1960年製作のものはシキ290Cと称している。また1964年製作のものは、A梁・B梁がないため単にシキ291と称している。荷受梁はトラス構造で構成されており、貨物の搭載部は全長約7,000 mm、幅2,262 mmである。シキ290の荷受梁は溶接と鋲接を組み合わせて組み立てているが、シキ291は全溶接構造である。シキ291では枕枠の構造が改良されており、シキ290Cは全長33,350 mm、シキ291は全長33,220 mmと少し全長が異なっていた。

吊り掛け式梁はシキ290Bと称している、A梁・C梁に遅れて1970年(昭和45年)9月に追加で製造された。吊り掛け式の荷受梁もトラス構造で、空車時の車体長は26,030 mmであった。またこのときに枕枠をシキ291類似のものに交換し、台車上枠の改造をしている。運転速度は積車時35 km/h、空車時65 km/hであった。

シキ290は明電舎、シキ291は高岳製作所所有の私有貨車であった。シキ290の当初の常備駅は大崎駅であったが、1961年(昭和36年)4月に工場移転により沼津駅へ移動した。シキ291の常備駅は小山駅であった。シキ290Aは1980年(昭和55年)4月に、シキ290B・シキ290Cは2003年(平成15年)2月に廃車となり解体された。シキ291は2004年(平成16年)4月に廃車となった。

参考文献編集

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平『大物車のすべて 中』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 92〉、2007年4月1日、初版(日本語)。ISBN 978-4-7770-5196-0
  • 吉岡心平『大物車のすべて 下』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 93〉、2007年5月1日、初版(日本語)。ISBN 978-4-7770-5200-4
  • 吉岡心平『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』ネコ・パブリッシング、2008年、復刻増補(日本語)。ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車 -技術発達史-』貨車技術発達史編纂委員会、日本鉄道車輌工業会、2009年4月30日、初版(日本語)。