メインメニューを開く

国鉄C11形蒸気機関車227号機

国鉄C11形蒸気機関車 > 国鉄C11形蒸気機関車227号機
C11 227

C11 227は、大井川鐵道動態保存する蒸気機関車 (SL) で、1942年昭和17年)に日本車輌製造で製造されたC11形の1両である。同鉄道に入線する以前は、日本国有鉄道(国鉄)で使用されていた。

経歴編集

1942年(昭和17年)9月9日[1]9月18日という説もある[2])落成、製造番号1108。

同年10月10日に苗穂機関区に配備され、札沼線等で運用された。1969年(昭和44年)4月2日には苫小牧機関区に配備され、日高本線で運用。さらに1974年(昭和49年)3月に釧路機関区に配備され、標津線で運用された。1975年(昭和50年)4月24日の同線無煙化により、同年6月25日廃車となった。

しかし、1970年(昭和45年)から千頭駅でSLの動態保存を進めていた大井川鉄道(現・大井川鐵道)で、観光客や愛好家のために日本で唯一の本線用SLを復活させる計画があった。本機がその担当のSLに選定され、1975年11月22日に同鉄道へ入線した。動態復元工事を受け、1976年(昭和51年)4月19日に設計認可のうえ車籍復活し、同年5月18日に試運転が開始された。同7月9日SL急行「かわね路号」として営業運転を開始した。日本における復活SLの第1号である。

現在、本機はボイラーと汽笛を同鉄道が2007年平成19年)9月8日さよなら運転をもって営業運転を終了したC11 312のものと交換しており、汽笛の音色はC11 312のものになっている。

2018年(平成30年)現在、単機での牽引は客車4両まで(以前は5両まで)が可能である。

主要諸元編集

  • 全長 - 12.650m
  • 全高 - 3.940m
  • 全幅 - 2.936m
  • 重量 - 65.85t
  • 空重量 - 51.69t

イベント時の改装編集

SLマン
1998年(平成10年)8月の夏休み限定イベントなどにおいて、塗装や前面が大幅に変更され、「それいけ!アンパンマン」のキャラクター「SLマン」を模した姿に改装された[3]。このときは、車体にアンパンマンの登場キャラクターのフィギュアが装備されており[3]、イベント終了後はフィギュアが新金谷駅のプラザロコに展示保存されている。なお、この改装イベントについては、後述の「SLくん」改装時の車内観光案内にて紹介された。
SLくん
2005年の大井川鐵道創立80周年時に大鉄職員のアイデアによって生まれ[4]2012年(平成24年)、2013年(平成25年)の夏休み限定イベントとして、大井川鐵道のマスコットキャラクター「SLくん」を模した姿に改装された。車体全面が明るい青色に塗装され、目玉とリボンはヘッドマーク扱いの脱着可能なタイプとした。
きかんしゃトーマス号
2014年(平成26年)の夏休み限定イベントとして開催。ウィルバート・オードリー原作のイギリスの幼児向けテレビ番組「きかんしゃトーマス」とのタイアップ企画で、日本語吹き替え版の総合制作であるソニー・クリエイティブプロダクツとの全面的なパートナーシップの下、登場キャラクターである「トーマス」を模した姿に改装され、「きかんしゃトーマス号」として運転された。また、大井川鐵道所有のスハ43系客車がトーマスの牽引する客車「アニー」と「クララベル」を模したオレンジ色に塗装され、専用客車としてリニューアルされたほか、千頭駅構内に静態保存されている9600形蒸気機関車 (49616) が登場キャラクター「ヒロ」(声 - 玄田哲章)を模した姿に改装され、「トーマス号」とのツーショットが行われた。
2014年度の運行は10月13日の貸切運転で終了し、同年10月19日に元の姿に戻されて運用を再開した。
2015年度は6月7日から10月17日まで運転された。また、登場キャラクター「ジェームス」を模した姿に改装されたC56 44との重連運転およびプッシュプルも行われた。
2016年度は6月11日から10月10日まで運転された。
2017年度は6月17日から10月9日まで運転された。
2018年度は6月9日から10月14日まで運転された。

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ JTBパブリッシング『現役蒸気機関車のすべて』p.95
  2. ^ 誠文堂新光社『鉄道画報』No.4 p.47
  3. ^ a b 鉄道ジャーナル』第32巻第10号、鉄道ジャーナル社、1998年10月、 90頁。
  4. ^ 大井川鐵道公式Twitter―2016年2月3日

参考文献編集

  • 『大井川鐵道オフィシャルガイド』
  • JTBパブリッシング『現役蒸気機関車のすべて』

外部リンク編集