国防色(こくぼうしょく)は、軍装色のひとつで、青みを帯びた(あるいは、緑がかった)茶褐色1934年昭和9年)[1]6月に、陸軍省大日本帝国陸軍軍服の従来の指定色名「帯青茶褐色」を新たに命名する形で発表し、一般にも国民服などの形で広く用いられた。

国防色
こくぼうしょく
 
16進表記 #7b6c3e
RGB (123, 108, 62)
CMYK (0, 20, 70, 60)
HSV (45°, 49%, 48%)
出典 小学館『デジタル大辞泉』に基づく[1]
大日本帝国陸軍大尉の制服(香港海防博物館中国語版蔵)

軍服の生産時期や階級、種類(夏衣と冬衣の別)などによって色調がある程度異なったこともあり、厳密な色調の統一をみていない。

日本海軍第三種軍装に用いられた「褐青色」あるいは「青褐色」は、より緑味の強い色で、国防色とは異なる色である。また、オリーブドラブと混同されるが、より淡い(彩度が低く、明度が高い)。資料によってカーキ色と同一視される[1]が、「カーキ色」と呼ばれる色のバリエーションは広く、一概に異なるとも同一ともいえない。

近年[いつ?]ではアメリカ軍自衛隊の軍装色に用いられる例[要出典]も散見される。

歴史編集

  • 1920年大正9年)5月28日 - 陸軍が被服用茶褐布の色相を帯赤茶褐色(明るい黄土色、これを「カーキ色」とする場合がある)から帯青茶褐色に変更した。
  • 1934年昭和9年)6月21日 - 陸軍省が帯青茶褐色を「国防色」と再命名。
  • 1940年(昭和15年)
    • 春頃 - 戦時の物資統制令下における国民の衣生活の合理化・簡素化を目的として、被服協会により一般男子の戦時常用服の様式「国民服」が定められ、服地の色として国防色が推奨された。
    • 11月2日 - 勅令「国民服令」制定。「国民服」が標準服として法制化された。

脚注編集

関連項目編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)