メインメニューを開く

国防色(こくぼうしょく)とは、1934年昭和9年)当時の日本陸軍軍服の色で「帯青茶褐色」と定義・表現される。 ただし軍服にはその生産時期や階級、夏衣と冬衣の別などによってある程度異なる色調の素材が用いられたため、日本陸軍の軍服は必ずしも単一の色相を示してはいない。 また、軍服の色という意味でカーキ色と呼ばれることもあるが、明治期よりカーキ色と呼ばれてきた帯赤茶褐色(明るい黄土色)や、土埃という本来の意味でのカーキとは異なる色である。近年では米軍自衛隊の軍装色であるオリーブドラブと混同される例も散見される。なお、日本海軍の第三種軍装に用いられた褐色布は褐青色と呼ばれ、陸軍の帯青茶褐色とは異なる色である。

国防色
こくぼうしょく
Kokuboushoku
 
16進表記 #7b6c3e
RGB (123, 108, 62)
CMYK (0, 20, 70, 60)
HSV (45°, 49%, 48%)
マンセル値 -
表示されている色は一例です
東條英機総理大臣(1942年)

歴史編集

関連項目編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。