国際両備フェリー

企業
国際フェリー (企業)から転送)

国際両備フェリー株式会社(こくさいりょうびフェリー)は、岡山県岡山市中区に本社、香川県小豆郡小豆島町に本店がある海運会社。岡山市・新岡山港と小豆島土庄港高松市高松港と小豆島・池田港を結ぶフェリー航路を運航している。

国際両備フェリー株式会社
Kokusai Ryobi Ferry Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
702-8003
岡山県岡山市中区新築港9番1号
本店所在地 761-4301
香川県小豆郡小豆島町池田1番地18号
設立 1960年10月4日
業種 海運業
法人番号 3470001012143 ウィキデータを編集
事業内容 一般旅客定期航路事業
代表者 代表取締役社長 小嶋光信
資本金 1,760万円
売上高 4億6,000万円(2007年3月期実績)
純利益 1935万7000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 14億0399万5000円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 134人(2020年03月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 両備ホールディングス 100%
(同社の連結子会社
外部リンク https://ryobi-shodoshima.jp/company/ryobiferry
特記事項:2020年4月1日に国際フェリーが両備フェリーを吸収合併し、国際両備フェリーに商号を変更。
テンプレートを表示
第一こくさい丸 - 高松港
第三十二こくさい丸 - 池田港

沿革編集

両備フェリーは、1928年に設立された南備海運合資会社を起源としている。1949年に南備海運株式会社が設立され、1960年に南備海運株式会社は南備海運合資会社と合併した。1969年南備海運は、日の丸タクシーと合併し両備運輸となる。[2]2007年4月1日、両備運輸と両備バスが合併し両備ホールディングス株式会社となり、フェリー部門は両備ホールディングスの社内カンパニーの両備フェリーカンパニーとなる。2011年に両備フェリーとして分社化される。

国際フェリー株式会社は、1963年に設立され、2007年7月1日両備ホールディングスが同社の全株式を取得し完全子会社化し、両備グループの企業となった[3]

2020年4月1日に国際フェリーが両備フェリーを吸収合併し、国際両備フェリーに商号を変更した[4][5]

さらに2020年8月31日をもって小豆島・草壁港を拠点とする内海フェリーからの支援要請に応える形で同社の全株式を取得し子会社化した。2021年4月には同社の航路を近隣の高松 - 池田(小豆島)航路に統合し経営の効率化を図る[6][7]

事業所編集

航路編集

2018年10月1日から運賃の支払いにICOCA電子マネー交通系ICカード全国相互利用サービス(PiTaPaを除く)の電子マネー機能)・楽天EdynanacoWAONiDQUICPayクレジットカードデビットカードが使用できる[10]。ただし、窓口でのチャージ(入金)はできない。

船舶編集

就航中の船舶編集

いずれの船舶も、甲板に子ども用遊具を備えるほか、カーペット敷きの部屋も多いなど、乳幼児連れの家族に配慮した内装となっている。

第一こくさい丸(通称:パンダ)
2007年6月竣工、同年7月就航。696.0総トン[11][12]、全長70.0m、幅13.7m、出力3,200馬力、航海速力15.0ノット(最大15.9ノット)。
旅客定員500名。車両積載数:乗用車55台。藤原造船所建造。
屋上デッキの煙突部分にパンダをかたどった外板を設置している。
第三十二こくさい丸(通称:キリン)
2001年10月竣工、同年11月就航。749総トン][11][12]、全長65.77m、幅14.7m、出力3,600馬力、航海速力15.0ノット(最大16.0ノット)。
旅客定員500名。車両積載数:乗用車70台。藤原造船所建造。
マストがキリンのデザインになっている。
2019年12月29日12:50頃(JST)、高松港へ入港時に、正常に停止できず岸壁に衝突し、右舷側船首付近の船体に穴が開く事故が発生した。浸水や油の流出はなかったが、乗客1名に負傷者が出た。当面、代船での運航を行うほか夕方の1往復を運休する[13]
おりんぴあ どりーむ[11]
2005年6月就航。967総トン。全長66.03m、全幅14.70m、出力3,200馬力、航海速力14ノット。
旅客定員500名。車両積載量:普通乗用車60台またはバス9台。藤原造船所建造。
おりんぴあどりーむ せと[11][14]
2019年5月1日就航[14]。942総トン[15]。全長60m、全幅14.7m、出力2,800馬力、航海速力13ノット[15]
旅客定員500名[16]、座席定員229名[15]。車両積載量:普通乗用車60台または大型車10台[15]


かつて就航していた船舶編集

 
第三十一こくさい丸(2007年7月で退役) - 池田港
第一こくさい丸
1976年5月竣工・就航。199.99トン、全長35.3m、幅9.5m、出力600馬力、航海速力9.0ノット。
旅客定員50名。車両積載数:不明。伸和産業建造。
引退後個人事業主に売却され「蛭子丸」として笠岡-北木島豊浦間に就航。廃業に伴い廃船となる。
第十一こくさい丸
1972年8月竣工・就航。493.2総トン、全長52.5m、幅10.0m、出力2,000馬力、航海速力13.5ノット(最大14.5ノット)。
旅客定員421名。車両積載数:トラック(8t換算)21台。新浜造船建造。
1981年、関西急行フェリーに売船し、船名を「しわく丸」に変更。1991年、日本船舶明細書より削除。
第二十一こくさい丸
1981年10月竣工・就航。649.2総トン、全長54.8m、幅13.0m、出力2,800馬力、航海速力13.5ノット(最大14.0ノット)。
旅客定員490名。車両積載数:乗用車20台、トラック(8t換算)10台。藤原造船所建造。
1990年、四国汽船に売船し、船名を「なおしま」に変更。1997年、日本船舶明細書より削除。
第三十一こくさい丸
1990年4月竣工、同年5月就航、2000年改装。905.0総トン、全長63.2m、幅14.7m、出力4,000馬力、航海速力16.5ノット(最大17.6ノット)。
旅客定員490名。車両積載数:乗用車60台、トラック(8t換算)22台。藤原造船所建造。
2007年、タイに売船。

乗り場とアクセス編集

連携輸送編集

  • かもめバス切符 - 岡山駅 - 新岡山港のバスとフェリー乗船券をセットにしたプラン。
  • 小豆島縦断プラン - 当航路または瀬戸内観光汽船と国際フェリーを乗り継ぎ高松港へ行くことができるセットプラン。
  • 小豆島周遊プラン - 当航路と瀬戸内観光汽船を乗り継ぐ新岡山港 - 日生港間のセットプラン。

関係会社編集

脚注編集

  1. ^ a b 国際両備フェリー株式会社 第57期決算公告
  2. ^ 会社概要&沿革”. 2020年5月25日閲覧。
  3. ^ 「国際フェリー株式会社」を 両備グループ傘下に Archived 2007年7月8日, at the Wayback Machine.(ニュースリリース) - 両備グループ(2007年7月5日付、2010年4月25日閲覧)
  4. ^ 両備HD、小豆島フェリーの傘下2社統合” (日本語). 日本経済新聞 (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  5. ^ 国際フェリー㈱、両備フェリー㈱を吸収合併 新社名を国際両備フェリー㈱に”. 両備グループ (2020年3月26日). 2020年4月26日閲覧。
  6. ^ “両備グループ、高松―小豆島フェリー会社の経営権取得”. 日経電子版. (2020年9月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63751610R10C20A9LC0000/ 2020年9月11日閲覧。 
  7. ^ 小嶋光信 (2020年9月11日). “新コロナ禍の内海フェリーを経営支援し、国際両備フェリーで航路再編”. 両備ホールディングス. 2020年9月11日閲覧。
  8. ^ 四国フェリーは「第七しょうどしま丸」にて運航。
  9. ^ 同共同運航は、海上運送法第28条に基づくものであり、独占禁止法の適用を除外されている。
  10. ^ よくあるご質問 (PDF)”. 両備小豆島フェリーグループ. 2020年5月16日閲覧。
  11. ^ a b c d 就航船の紹介”. 2020年5月25日閲覧。
  12. ^ a b 船の設備 高松港~小豆島池田港”. 2019年12月30日閲覧。
  13. ^ 添田樹紀 (2019年12月29日). “フェリーが岸壁に衝突、乗客1人けが 高松港”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASMDY6HCPMDYPTIL00C.html 2019年12月30日閲覧。 
  14. ^ a b おりんぴあどりーむせと - 両備フェリーカンパニー(2019年4月23日、2019年4月30日閲覧)
  15. ^ a b c d 代表メッセージ 「おりんぴあどりーむ せと」5/1に就航! - 両備グループ
  16. ^ 豪華! 5月から就航の新クルーズフェリー 愛媛の今治市で進水式 - FNN.jpプライムオンライン(2019年3月7日)

参考文献編集

  • 日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで- (世界の艦船 別冊) - 海人社(2009年3月) JANコード 4910056040393

外部リンク編集