国際プロレス団(こくさいプロレスだん)は、かつて存在した日本プロレス興行団体。1954年に木村政彦によって結成された。

概要編集

柔道家の木村政彦は1951年頃からハワイ山口利夫(後の旧全日本プロレスの創設者)と共にプロレスラーとしての活動を始め、ブラジルアメリカのリングでも柔道を下地にしたレスリングで成功を収め、帰国後もフリーの選手として日本の興行に参加していた。

1954年2月、日本プロレス力道山は木村とタッグを組み、アメリカのシャープ兄弟との14連戦タッグマッチを開催、この興行は当時開始されたばかりのテレビ中継もあって一大ブームとなり、それまで日本では散発的な興行が行われる程度だったプロレスは盛んに興行が行われるようになる。木村は自身の団体設立を模索し始め、1954年5月10日に地元熊本県で立ノ海松喜らと国際プロレス団を立ち上げた。代表は立ノ海が務めていたが、当時のプロレス団体の常としてリング上のエースである木村が実質的な経営者だった。当初は九州各地や岐阜県などを巡業して試合を行っていた。

1954年12月22日に力道山と木村の直接対決(昭和の巌流島)が行われた。この試合は両者引き分けの取り決めだったが、試合途中からいわゆるセメントマッチとなり、木村は一方的に攻撃を受け続けて敗北を喫した。木村と力道山は程なくして双方のタニマチの仲介で和解したが、これらの経緯は現在でも不明な点が多い。

木村は一年ほどの休養後、1955年末頃に拠点を熊本から大阪へ移し、旧全日本から選手を引き抜くなど団体の立て直しに着手する。海外からゴージャス・マックやラウル・ロメロらを招いた巡業や東亜プロレスとの団体対抗戦が行われた。しかし、経営を持ち直すには至らず1956年8月頃には興行を停止し、国際プロレス団は事実上解散した。

解散の直前に、所属していた一部の選手達が脱退して新たにアジアプロレスを立ち上げた。木村は解散後海外に渡り、メキシコヨーロッパで試合を行っていたが1958年にプロレスを廃業した。

主な所属選手編集

大相撲出身。国際プロレス団の名義上の代表で、木村をリングの内外から支えた。団体解散後の1957年に北海道白老町で、「北日本プロレス」という団体を立ち上げた[1]
旧全日本からの移籍で、後期の主力選手。

来日外国人選手編集

  • ゴージャス・マック
アメリカネブラスカ州出身。1955年末の木村政彦の復帰戦の相手となったが、都内で宝石強盗を働くという不祥事を起こして逮捕され、日本にて服役した[3]
  • ジェロニモ・クァネイド[2]
出身地不明。日本に初めて参戦したインディアンレスラー。
  • ボブ・マンフリー[2]
アメリカ出身。
  • ラウル・ロメロ
メキシコ出身。日本に初めて参戦した覆面レスラーである。「メキシコジュニアヘビー級選手権者」であり、ロメロ・スペシャルの創案者とされる(この二つには異説もある)。
  • ヤキ・ローチャ
メキシコ出身。ヤキ族の末裔を名乗るインディアンレスラーだった。ラウル・ロメロと共に「中南米タッグ」の王座を保持していたとされる。
  • ラモン・ロモ
メキシコ出身。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 増田(2011年)p.599-600
  2. ^ a b c 月影四郎「ボディビルと私」月刊ボディビルディング 1973年8月号 フィジーク・オンライン
  3. ^ 増田(2011年)p.590-591